昨今のクイズ番組ブームについて

最近テレビ番組が全くだめになっていると感じています。

特に、どうでもいいクイズ番組ばかり。しかも東大だの何だのと学歴ばっかり注目させる割には、問題の殆どが、高校、中学の社会などの暗記問題がほとんど。
暗記問題ってそろそろなくなるんじゃないでしょうか?
今時、何か仕事するにしても、暗記しておくものは、その答えそのものではなく、答えの導き方を覚えておくのがほとんど。
全く時代遅れも甚だしいです。

歴史など、たしかに知識として持っておくと非常に役に立ちますが、その知識も、何年に何が起きたとかという暗記だけでは全く駄目で、どういう理由でこういう事件が起きたとか、その背景にあるものとか、度言うふうに対応したかなど、もう少し幅広く事象を見つめるような力ならば必要です。

最近のテレビ番組は全く頭を使って作っているようにも見えません。
とりあえずクイズ作っとけば、視聴率もそこそこ、苦情も来ないしと言うような全くチャレンジ精神が見受けられない。
テレビというのは公共の電波の免許を受けて作成しているということから、そういうどうしょうもないテレビばかり作るのならば、免許を返上させてもいいのではないでしょうか?

多分、近い将来にはテレビはインターネット放送に代替されていくでしょう。
テレビというメディアの回りにいる既得権益者は確実に排除されるべきですよね。