修習技術者ガイダンス2017

先週は修習技術者ガイダンス2017が開催されました。

修習技術者とは、技術士1次試験合格者やJABEE認定校卒業者のことを指し、要は技術士2時試験を受ける資格のある人たちのことを言います。

随分前は技術士1次試験は受けなくともいきなり2次試験を受けて技術士になることができたのですが、10数年前?あたりから1次試験は必ず受けなければいけなくなりました。

1次試験はどちらかと言うと経験ではなく知識を問うもの。大学の基礎数学とか物理とかそういうような内容の試験で、結構計算問題なんかも出ます。自分のときも受けましたが、すっかり忘れているような内容なので一から勉強し直した記憶があります。

ただ、5択なのでなんとかなったりするのですが、ちゃんとした知識がないとやはり駄目です。基礎的な知識+専門領域の5択問題。この専門の問題は情報処理技術者試験と同じような感じなので、情報処理技術者試験の勉強をしていれば十分でしょう。あと、過去問から似たような問題が出るので過去問をやっておけば完璧。

1次試験は合格率も高くそれほどハードルは高くありませんが、必ず受けないといけないのでここで1年が余分にかかってしまいます。

2次試験は記述式ばっかりだったのですが、いつやらか午前に択一式の問題が出るようになりました。まあ、記述式は合計10数枚の現行を読まないといけないので、この択一式である程度ふるいにかけるといった意味なのでしょう。

話を戻すと、修習技術者ガイダンスは1次試験を受かったばかりの人が殆どで、(つまりは合格者の合格証とおなじ封筒に案内が入っているわけなのですが。。。)こういう技術士会の主催するイベントに初めて出るような人ばかり。自分は参加しなかったのですが。。。。

ここでの目的はやはり2次試験の情報を得ることだと思いますが、それがガイダンスの内容で役に立ったかどうかはちょっとわかりません。

何れにせよ、ここで人脈を作ってその後いろいろな技術士会の主催するイベントに出ることで、自分を奮い立たせるということになればいいのかもしれません。