カテゴリー別アーカイブ: 大学

新しいサーバきたる

JAISTの3つあるスパコンの一つが新しくなりました。
PCClusterという,まあ,どちらかといえば,すごいというよりはつかいやすいサーバというもの。ちなみに1番すごいのが,約1年前に入れ替えられた,Crayのスパコン。これは世界ランキング300位くらいのいいもの。1万以上のCPUがあるそうで。
今回入れ替えられたのが,GPUがあるスパコン。以前はGPUノードが4つ?しかなく,いつも誰かが使っていて使えたものではなかったのですが,今回はGPUノードが追加されています。
Tesla P100が積んであるノードが8台。なので合計12台使えることになりました。ちなみに以前からあるものはK40というチップのもの。

余談ですが,アマゾンのGPUインスタンスでp2.xlargeというものがあるのですが,これがTesla K80とのこと。これで1時間$0.9なのでそこそこいい値段。こちらによれば,K80とP100は約倍くらい性能が違うとのこと。

で,早速使って見ました。Pythonはちょちょっとコピーしてインストールし,ちょっと環境変数の設定で戸惑ったのですが,なんとか完了。サンプルのMNISTを動かしたらあっという間に終了。
ただ,GPUノードのジョブは最大2日間でKILLされてしまうのであまりにも重い計算はできそうにありません。

とはいいつつ,LSTMを使った計算を昨日から流しているのですが,どうやらまだ半分程度しか終了しておらず,困ったことに。時間的な制約もあるので,計算ロジックなどどうするか考えないと。

しかし,こんないいマシンがタダで使い放題。授業料分を取り返すのはすぐかもしれません。

中間審査

JAISTでは終了する半年前に中間審査という,進捗の発表会があります。
こちらを提出するといわゆるリーチをかけた状態ということです。

一方,あと半年しかないというのに,まだ全く結果が出ず。ということで今回の中間発表は見送り?
まあ,長期履修も出しているのでいいのですけどね。。

Prologに挑戦する

大学での授業も特にもうこれ以上取る必要もないのですが,情報系の授業を好んで取るようにしています。まあ,どれも結局は似たような機械学習とか論理数学とかやったりするのですが,今回のはちょっと一味違いました。
なんと,Prologです。情報処理試験で,名前だけは知っているというあの言語。どうやら知識表現には非常に適した言語だそうです。

かのペッパーくんもPrologで作られたとのこと。やはり人間の知能に近い表現を描くには適した言語なのかもしれません。
Prologは手続き型言語ではないので通常のループを回して云々カンヌンといった処理は行いません。ループを表現したいときには再帰表現を使います。関数型言語ですね。

とはいえ,初めて触るのでまだ全く使い方もわからず。とりあえず推奨のSWI-Prologをインストールしたところまで。来週中には宿題をやらないといけないのでちょっと昼休みに頑張って見ます。

ベンチャービジネス実践論

先週,ベンチャービジネス実践論という授業に出た。
ベンチャーを実際に立ち上げたり,サポートしている人の生の声が聞こえるような授業。3人の講師が毎日講義し,合計3日間で1単位の授業でした。
まあ,色々意見はあるとは思うのですが,基本的に授業の内容は客観的事実に基づく理論的なものではなく,主観的,要は経験値から得られた結論を喋るというような形式でした。
当然ですが,自分の辿ってきた道を元にしゃべるので,よーく考えてみるとそれほど汎用的な話にはなっていません。

当たり前ですが,起業し成功するのにマニュアルはありませんので,それを体系だってしゃべることはできません。とはいえ,もう少し数ある様々な事例を元に,一般的な傾向をまとめ上げて理論的な話にするということは,あまりできていないように感じます。

大概のベンチャービジネスなどのセミナーでは,成功した人が個人の成功体験を長々としゃべるという形式が多く,失敗などに関した話を聞くことはまずありません。失敗した人がそれを元に講演を行ってくれればいいのですが,なかなか後ろめたいのかそういう人はあまり聞いたことがありません。

反面教師的にこれはやってはまずいという話が聞ければ非常に面白いと思うのは自分だけでしょうか?

履修登録期間

JAISTは4期制をとっていて,年に4回履修登録をしないといけません。というわけで3期分の履修登録が今というかそろそろ終わりかけています。
昨年,だいぶ授業を取ったので,今季はそれほどとる授業がありません。履修登録用システムを見ると,一度取った授業は再履修できないようなシステムになっているようです。
もう一度どうしても取りたい場合には申請する必要があったような。。。

まあ,何れにせよ,まだ取っていなくて楽しそうなやつを何個かピックアップ。あと,授業は隔年で開催されるものもあるので,去年なかった授業なんかもあります。

というわけで,取れるだけ取って5個程度。全部受けるかどうかは未定ですが,週末がだいぶ埋まりました。
授業だけではなく,そろそろ研究を進めていかないといけないのですがどうもやる気が。。

試験シーズン終わる

日曜日にようやく試験シーズンが終わりました。
Web講義の期末試験。全部で4つ取っていたのですが,2つ切ったので結局受けたのが2つ。まるで学生時代に戻った気分です。
今回は持ち込み可だったので,前日に持ち込み用のペーパー(A4一枚飲み持ち込み可)を作成して,午後から試験なので,午前中から登校しいそいそと勉強に励みます。
前回の試験があまりにも難しすぎたので,今回は警戒モード。。

まあ,問題を見て,あああ,という感じ。ちょっと簡単すぎやしませんか?まあ,正解しているかどうかは別として。
これで一通りテストは終了。まだ別の授業のレポートが残っているのですが。。

メールシステムトラブル?

JAISTの前期課程では卒業するためには卒業する1年前に研究計画書を提出する必要があります。ということで,今月末がその締め切り。
提出に当たっては指導教員と副指導教員,副テーマ指導員という3人の承認がひつようです。東京の学生は本校まで承認のサインを取りに行くことはできませんので,承認のメールによりそれが代替されます。

で,ちょうどメールで承認を得たのですが,なんと,昨日起こったメールシステムトラブル。どうやら一週間前ほどのチェックポイントまでロールバックして復旧したみたいです。
ということは,多分ハードウエアトラブル(データベース?)でしょうか?
とはいえ,それ以降の更新データが全くかけてしまった状態での復旧。そのかけてしまったデータ内に承認メールがあったのが悲惨なことに。

当然取ることはできません。復旧はいつになるかわからないとのこと。データベースのトランザクションログから順次復旧するのでしょうが,相当な量になるかと思います。

不幸中の幸いのことに,スマホでもメールをPOPで取得していたのが良かったようで,そのメールをPDFにして,救出することに成功。
なんとか今月の提出に間に合いそうです。

研究計画書をつくる

JAISTでは,研究の際,研究計画書というものを提出する必要があります。これを出した1年後以降に卒業が可能になります。
2年で卒業するためには1年目の終わりに出す必要があります。また,この計画書の提出タイミングは年に4回あり,卒業も年に4回のタイミングで行われます。
6月とか12月に卒業する人もいるということです。

この研究計画書を提出した後は研究内容を変更してはいけないかというとそういうこともなく,最終的な確定は卒業の2,3ヶ月前にタイトルの提出というのがあるらしく,それ以降はタイトルなどを変更することができなくなります。
タイトルを変更できないということは研究内容を変更することができないということで,ここまでにはきちっと結果を出しておく必要があります。

まだまだ時間があると思っていたのですが,あっというまに1年がすぎました。果たしてこのまま順調に卒業ができるのでしょうか。。

連続一週間授業開始

またまた久しぶりの授業週間がやってまいりました。
今回は4名の先生がかわるがわる授業を行い,合計一週間の授業をこなしていきます。

先生の数が増えると実はその分だけ,レポートの数が増えます。レポートそれぞれを,授業時間数の加重平均で成績がつくので,レポートを全部出さないと多分ダメでしょう。

この手の授業はいわゆる,楽勝ではない授業の範囲になるかと思います。楽勝の授業もそこそこあったりするのですが,出席+授業ないのプレゼンだけとか,そういうのは後で宿題がないので授業週間が終われば終了という感じになります。
その場合には,実は成績もそれほど高いものは期待できないでしょう。レポートを出したり,テストを受けたりするタイプの授業は,頑張ればいい成績が取れるが,頑張らなければちょっとダメということになります。

どちらがいいかは人それぞれですが,楽勝じゃない授業はどちらかというと面白い授業だったりします。学生も結構シビアで,面白い授業はたとえレポートの数が多かろうが結構な受講数になります。といっても20名もいきませんが。。

少ない授業だと本当に数名,5人程度の授業もあります。その場合にはアットホーム的な授業になるので,まあじっくり受ける文にはいいのかもしれません。

ということで,また今週も始まったわけですが,夜の6:30から9:55まで毎日+土曜日が920から17:20ということでほぼ他には何もできません。水曜あたりが身体的に一番辛いのですが,それを越えれば,ランナーズハイと同じで何も感じなくなってきたりします。

ちょっと気合入れないといけないでしょう

数学に悩む

授業で数学の講義を何個か取っているのですが,卒業以来ほとんど使ってこなかった微分やら積分やらすっかり忘れてしまっているみたいです。
Web講義でその手の数学があるのですが,まあ,高校数学に毛が生えた程度の内容なのですが,すっかり忘れています。
昔はバリバリ解けたのですが。。。

まあ,はっきり言って使わないものは忘れるという法則にちゃんと乗っ取っているようです。まあ,英語も同じでしょう。使わないと忘れる。。
最近では英語の論文をちょこまか拾ってきては眺めているのですが,結構苦労します。まあ,学生時代もそれほど英語は得意じゃなかったので仕方がないでしょう。

というわけで,すっかり忘れてしまった数学は高校の参考書などで勉強し直す必要があります