に投稿

バイクに乗り始めた理由その1

いい年して、バイクに夢中になっているのですが、そもそもバイクの免許を取ったのが、バイクブームだった学生の頃。あの頃は誰でも彼でもバイクの免許を取っていました。

スポーツレプリカ全盛の時代。周りの人間の半分くらいはバイクの免許を持っていたのではないでしょうか。自分も特にバイクに興味があった訳ではないのですが、周りの人々がみんな中免(なつかしい。。)を取るので、なんか流されるように自分も取ることにしました。

ちょうど大学1年のときだったのですが、自動車の免許を夏の合宿免許で取得。そうすればバイクの免許はかなりの格安で取れるということがわかりました。当時で5万くらいだったかと思います。学科は1時間くらいだったのでしょうか?

自動車の免許は山形で合宿で取ったのですが、バイクは授業の合間に取ることにしました。川崎の自動車学校だったかと。。あまりにも前なのであまり覚えていないのですが、ヘルメットは自動車学校備え付けのもの。軍手で実習していたと思います。実技の一番最初で倒れたバイクを起こすというのがあるのでしたが、なんとか起こせたのは記憶にあります。同じクラスで受けていた女性は重くて起こせなかったので、小型免許へと強制的に変更されていたのが印象に残っています。

教習内容は全く覚えていないのですが、最後の卒業試験はぎりぎり70点だかで合格したのは何かの運が巡ってきたのかと思っています。

免許は取ったものの、当然学生なのでバイクを買うお金なぞありません。周りの友達はどうもローンを組んで買っていたようです。学生でもローンが組めるようなほのぼのとした時代でした。

ひょんなことからTDR50という50ccのギア付きのバイクを手に入れることができたので、そこからがバイク人生の始まりとなりました。とりあえずバイクに乗るにはヘルメットが必要だったので、上野のバイク街までヘルメットを買いにいきました。たしか2万円くらいだったかと思います。アライだったかな?

当然その当時は安全性とかそういうことは全くの無知だったので、素手で半袖みたいな格好で乗っていたかと思います。何事もなくよかったです。

50ccなので特に遠出もできる訳でもなく、そこいらをちょこちょこ走る程度で、そのうちに飽きてしまい乗らなくなってしまったのでした

つづく

に投稿

去年はバイクで関東ー四国間を帰省

今週のお題「ふるさと・夏」

夏となれば、やはり帰省、墓参り、この辺りの行事をこなさないといけない気がします。といいつつ毎年は全く行えていないのが現状。関東から四国だと遠いし、お金もかかるし、暑いし。。

去年の夏は、バイクで関東から四国まで帰省してみました。帰省ついでに、行ったことのない日本海側へも行ってみることに。

まず、朝、それほど早起きもできなかったので、とりあえず琵琶湖を目指してバイクをかり出しました。去年も今年と同じく、猛暑。バイクの場合には安全性の面からTシャツ、短パンという訳にもいかず、フルメッシュのジャケットとメッシュの革パンという装備です。ヘルメットはもちろんフルフェイス。。走っているうちはまだ我慢できるくらいですが、止まると汗だくだく。琵琶湖に着く頃にはぐったり。初めて琵琶湖周遊を走ってみたのですが、これが大きいのなんの。びっくりするくらい遠かったです。六ツ矢崎浜オートキャンプ場というところでキャンプすることにしたのですが、ここは周りにはなにもない感じで、シャワーすらありません。仕方ないので、水シャワーがあったのでこちらでがまんがまん。

琵琶湖でキャンプで過ごした後、天橋立鳥取砂丘出雲大社と順々に巡っていくのですがこれがまる1日かかるくらい遠いということは全く知りませんでした。高速道路がないのもかなり大変ですね。出雲大社はさすがに観光地らしく、観光バスが大量に押し寄せていました。でお参りをした後には、ネットで探した夢の森うさぎキャンプ場へ。こちらはオートキャンプ場ということもありバイク向きではなかったですが、シャワーも洗濯機も完備。まあそこそこでした。

出雲から四国までいくのですが、瀬戸大橋を通るのでは味わいがありませんので、宇野港から四国フェリーで渡ります。バイクは当然のように自分一人。1時間の船旅ですが昔は橋がなかったのでフェリーは必需品でした。

四国の実家についた後は、四国一周しようと思ったのですが、去年の夏は四万十で史上最高気温を記録したくらいの猛暑。残念ながら断念し、家でゴロゴロして過ごしたのでした。

に投稿

XJ6とMT-07、比較してみた

もうすぐ2回目の車検となるXJ6Diversion。そろそろ継続するか、買い替えるかの判断をしなければいけなくなってしまいました。そこで比較してみることにします。比較すると言ってもカウル付きとなしなので純粋な比較にはなりませんが、ライバル車種ということで。

車格

XJ6:全長2120×全幅770

MT-07:全長2085×全幅745

これは小さい方が扱いやすいのでMT-07の勝利

シート高

XJ6:785mm

MT-07:805mm

当方短足なのでこちらはXJ6の勝ち

車重

 XJ6:211kg

MT-07:179kg

これは圧勝でMT-07。200kg超えると重くて重くて。。

タンク

 XJ6:17リットル

MT-07:13リットル

リッター20としても80kmも走行距離に差が出てしまいます。MT-07は満タンでも260kmくらいなのでちょっと不安。

馬力

 XJ6:57.0kW(77.5PS)/10,000r/min

MT-07:54kW(73PS)/9,000r/min

これはあまり変わらないですね。馬力にあまり興味もないのでドロー

 

その他気になる点と言えばあまりないのですが、強いて言えば後輪タイヤがXJ6が160に対しMT-07が180という点でしょうか。

 

比較してもわかるようにMT-07。いいです。欲しくなってきました。

が、先立つ物がないので、多分車検を通すことになるでしょう。

に投稿

ヤマハ発動機が熱い

最近のヤマハ発動機の動きには目を見張る物があります。今年はまさにヤマハの年。新車が続々と発売され、しかもそれが売れているという、すごいことに。

ヤマハ発動機の売り上げ構成に占める2輪車の割合は6割強と、2輪車依存になっていることには変わりないのですが、ここにきて、発売された大型車MT-09が何と2ヶ月待ちという、バイクブームがはるか遠くに過ぎ去った今となってはすごいことです。なんと、1500台の販売予想から4000台へと上方修正とか。

http://global.yamaha-motor.com/jp/ir/data/sales/

この後すぐにでるMTー07も先行販売されている欧州でも売れているとのこと。2chのスレの状況を見てもすでにお祭り状態。2年ほど前に出たホンダのNC700の時はちょっと冷ややかな目でみんな見ていたけどこちらは盛り上がること何の。個人的にNC700シリーズは値段が安いのは魅力ですが(なんせ400cc並みの価格、乗り出しで60万くらいか?)、あの従来タンク部分のメットインと、一番許せないのが、シート下のガス穴。あんなシート下にガス穴つけるって、シートにバッグ乗せるなってこと?これだけで購入候補から外れてしまいました。

今後ヤマハ発動機から発売予定が、大島優子のトリシティとR25というまたまた売れそうなモデルが控えています。しかし、大島優子さん、見事に2輪免許取ったとはすばらしいですね。またバイク乗りの芸能人が増えるかと思うと非常にうれしいです。

こんなに売れているヤマハ発動機。株でも買おう買おうと思っているうちに、先日の上方修正で、一気に株価急騰。ちょっとタイミングのがしたみたいです。しかし、まだまだ序の口。今からでも株に入れてみてもいいかもしれません。

なんせR25は絶対売れるでしょうから。。

 

に投稿

2chというすばらしき仲間たち

バイクに乗るようになってずっと住み着いている2chのスレがあります。同級生のバイク乗りのスレ。ここには同じ学年の人たちがバイクについて書き込んだり、その他の話題について書き込んだり、ほのぼのとした感じになっています。

そのスレで、年に1回オフ会をやることになっています。始まりは3年前、とある人が突然、オフ会をやろう。という書き込みから始まりました。その年はなんだか盛り上がって、30名ほど集まるというすごいことに。発起人の方がオリジナルステッカーを創って配るというすごい力の入れよう。

同い年の人が集まると、なんかいい感じの話題になりますね。育った世代が同じなので話題が合います。バイク乗りの集まりらしく、バイクの話題がつきません。集まった場所が霧ヶ峰ということもあり、関東、名古屋圏、その他2,300km圏内から集まる集まる。普段名古屋圏の人に会うことはないので非常に新鮮です。

というかたちで始まったオフ会ですが、今年で3回目。去年はそれほど募集をしていなかったこともあり、5名でしたが、今年は初参加の方も含めて8名。

来年もまた会おうということで2時間ほどの集まりの後に解散したのでした。

バイク乗りの集まりって、なんだか共通の話題はバイクだけですが、すぐに打ち解けることができます。何てすばらしいのでしょうか。

 

来年も是非是非。。

に投稿

バイクに乗るという生き方

今週のお題「選んでよかったもの」

 

そもそもバイクの免許を取ったのは学生の頃。ちょうどバイクブームで誰も彼もバイクの免許を取っていた時代。ご多分に漏れず、自動車の免許を取った後にバイクの免許を取得しました。

その当時はお金もなかったのですが、ひょんなことから50ccのギア付きのバイク、TDR50だったかを手に入れて、多少乗ったりしていました。それも長くは続かずすっかりバイクからは遠ざかっていました。

2007年のゴールデンウィークのこと、春スキーに行った志賀高原?でバイク乗りの老夫婦を見かけました。ハーレーにタンデムで乗っていたのでしょうか?非常に印象に残りました。

その光景が忘れられず、善は急げということで大型免許を取得しに教習所まで通うことに。最初はエンジンのかけ方すら忘れていたのですが、だんだんと勘を取り戻してきました。あまりにも面白いので、大型とる前にCB400を購入。教習所にバイクで通うくらいはまってしまいました。大型免許は結局、数時間オーバ&卒検2回目で合格。1回目はパイロンに引っ掛けちゃったのですよねぇ。。残念。

 

それからXJ1300とXJ6へと乗り継いで今に至ってます。1昨年と去年は北海道をバイクでまわったりするようにまで成長!ちゃんとご多分に漏れずキャンプまで行うくらいはまってしまいました。

今年の夏はどこいこうかねぇ

に投稿

MT-07

ヤマハからMT-09についでようやくMT-07が発表されました。MT-09の3気筒エンジンとは異なり、2気筒エンジンを搭載。Ninja650あたりのライバルになるのでしょうか?

このシリーズの最もいいところはなんといっても車重が180kgというところ。通常ミドルクラスだとどうしても200kgを超えるのですが、このシリーズは400CC並みのこの軽さ。バイクは取り回しを考えると軽いに越したことはありません。特に坂道などで押さなければいけない状況の場合には、重いと誰を恨んでいいのかわからないくらいやるせない気持ちになります。

また、世界戦略車ということもあり、日本向けに特にデチューンも施していないというところも評価に値します。アクセサリーもすでにY’sギアからたくさん用意されていてカスタムもある程度出来る感じになっています。

ただ一つ残念なこと。シート高が810cmという点。短足の自分としては780cmでもちょっと高いくらい。両足がべたりとはならず、多少かかとが浮いたりします。CB400に乗っていた頃は、ベタッと両足がついたので非常に安心感がありました。と言っていたのですが、ググルとすでにMT-09はローダウンキットが売られている模様。素晴らしい。スクリーンもオプションであるし、キャリアもあります。ただちょっと高いのよね。。GIVIで早めに出ないのでしょうか?

 

いいことづくめ?のMT-07、09シリーズ。今乗っているXJ6の2回目の車検ももうすぐということを考えると。。。。

迷ってしまいます。