カテゴリー別アーカイブ: バイク

Ninja650の初オイル交換

1月に納車されてようやく1ヶ月,ようやく500kmほど走りました。
1ヶ月点検を行おうと思い,バイク屋へ電話をしたところ,予約でいっぱいとのこと。

さすがゆーメディア湘南店は顧客が多く混んでいるようです。電話で確認したところチェーン店
でも受け付けてくれるとのこと。
ということで,近所のユーメディア相模原店で予約。次の土曜日に予約が取れました。
あと,カワサキは1ヶ月点検の時に,送られてくる1ヶ月点検チケットとメンテナンスノートを持って来る必要があることを念を押されました。ホンダのCB400やヤマハのXJR1300も新車で購入したのですが,その時にチケットを渡したような記憶はありません。カワサキ特有でしょうか?

あと,カワサキは慣らし運転が他社とは違い,800kmまで4000RPM,1600kmまで6000RPMとのこと。他社だと1000kmで終わりだったような気もしますが何か作りでも違うのでしょうか?
まあ,言われた通りにしておけば間違いないので,慣らし中はゆっくり目のスピードで走ることにします。Ninja650だと4000RPMの6速は80kmなので,高速では端っこの方にいないと結構怖い目にあったりします。

1ヶ月経ったので,オイル交換をすることにしました。自分でやってもいいのですが,Ninja650はセンタースタンドがないのでちょっと面倒くさいということもあり,ナップスで行うことに。
ナップス座間店はつい最近できたばかりのお店で,いかにもアルペンの跡地に作ったお店なので,ピットが1階の昔階段かエレベータだかあったあたりを改造してピットにしています。

オイルは量り売りのWORKSのもの,0.1リットルで200円弱。結構高い。自分で交換する時にはカストロールの4リットル2千円ちょいのものを使うのでめちゃめちゃ高く感じます。
フィルターも初回ということで交換。これがまだ出て1年ちょいのバイクのため,オイルフィルター適合表に載っていません。。
いつも思うのですが,車にしても同じように1年くらいでは適合表に記載されてくれません。なぜなのでしょう?エンジンの型式なんてそうそう変わるもんじゃないのでさっさと適合表に載せて欲しいのですが,なかなか適合表のメンテナンスはしてくれないようです。

いろいろ店に調べてもらったりして,ベスラのSF4005が適合するとのこと。XJ6もこれなので,ほとんどのこれくらいの排気量ならば同じ形なのでしょう。

オイル交換をしてもらってもほとんど違いが分からず。

まあ,今後は1年ごとにこれくらいの時期に交換しますが,メンテナンススタンドでも買って自分で交換することにでもしますか。

Nijna650カスタム

先週の日曜日,きたばかりのNinja650。まだ全然走っていないのですが早速カスタムすることにしました。

カスタムといってもやはりこの寒い中,グローブだけではきついのでグリップヒータ をつけることにします。というのも,朝一番で宮ヶ瀬までひとっ走り。非常に寒く,気温計は0度?本当に?というくらい寒いということで,指先は麻痺状態。

以前はKRANの電熱グローブを使っていたのですが,これがもう5,6年ほど使っていることもあり,とうとう片方のグローブが暖かくならなくなってきました。
そのため,使うわけにもいかず,普通の冬グローブでの運転と相成り,久しぶりにつめたーい思いをしました。

ということで,早速二輪館までひとっ走り。ついた時にはまだ開店前。10時30分からなのね。
開店と同時に入店し早速エンデューロのグリップヒーターを手にしてレジへ。どうやら他の客も開店と同時にダッシュしたのか,作業開始は11時半からとのこと。
あと,5mmほど短いと言われたのですがまあよしとしましょう。
グリップヒーターのセンサー?スイッチ?をどこにつけるかということで,ちょうどハンドルの真ん中あたりに貼り付けてもらうことにしました。

途中,グリップエンドが固くて抜けませんということで,無理やり外して新しくすることに。これも別途4千円弱かかりました。
ということで工賃込みでホットグリップ 取り付けに2万弱。とグリップエンドが4千円弱ということで,合計2万4千円ですか。

結局作業終了が2時30分ということで4時間待ち。あまりにも暇なので店内の商品を全て覚えてしまえるくらい見まくりました。
その中でも電熱グローブはやっぱり高くて,全部で3万くらいしそうな勢い。以前買ったKRANのもそれくらいしたかもしれません。

グリップヒータ以外にはRAMマウントのスマホホルダーをつけることに。こちらのサイトを参考に買ったのがこれ。

これに,RAMマウントをつけます。ベースとアームは以前持っていたものを流用し,iPhone8 Plus用にこちらの大きなものを購入。

この一個小さいやつも持っているのですが,iPhone8Plusを手帳ケース付きで挟むとほんとギリギリ。

とりあえずはイイ感じになりました。

Ninja650納車される

1月6日の契約,1月13日の納車。
結構早いですね。バイクの場合には車と違って現車がすでに店にあるのでそれを登録するだけなので1週間ほどで納車が可能になるのかと思います。車の場合には注文してから作るような感じなのでどうしても2ヶ月くらいかかってしまいます。いずれにせよ買ってすぐ手にできるのはいいことですよね。

購入して100kmほど走った感想。
まず,今まではCB400,XJR1300,XJ6と全て排気量は違うものの4気筒エンジン。4気筒エンジンはよく言われているのですが,モーターみたいな感じと言われたものです。
確かに今から思えば,モーターで動いているが如く,アイドリング時はすごく静かで,走りもスムーズといった感じですごく乗りやすい。
それに対し,Ninja650は2気筒エンジン。今回初めてなのですが,やはりドコドコ感がすごい。エンジンをかけた瞬間からドコドコ。乗っている間もドコドコ。このドコドコ感,4気筒でもあるのですが,エンストしかけのあの感じがこの2気筒のドコドコ感と同じ。なんか2気筒に乗っているとエンストしそうな気がします。
実際,ギアが回転数と会っていないと本当にエンストしそうなほど。4気筒の時は多少ギアは会ってなくてもそれほど違和感なかったのですが,この2気筒エンジン,ギアと回転数があっていないとどうもしっくりきません。
その辺りが運転していてちょっとというかかなり感じた部分です。

あと,やはり車体が非常にコンパクト。250CCクラスのコンパクトさ。しかも車重も200kgもないというもの。CB400と同じくらいでしょうか?XJ6Diversionから約20kgも軽くなっているので扱いが非常に楽です。これはイイ!
軽さとは正義ですね。

こんな感じで乗りごごちに関してはまあ差し引きプラマイ0といったところでしょうか?

2気筒のこの不思議なドコドコ感。これがバイクというもんじゃというくらい主張しているような気がします。
慣れるまで時間がかかるでしょう。

Ninja650購入

とうとう買っちゃいました。Ninja650
この1ヶ月くらい探していて,R3がいいなぁとか色々見ていたのですが,最終的にやはりミドルクラスのNinja650を選択。
最初に乗っていたCB400はVTec付きでも52馬力程度。これでも少し物足りないかなぁと思っていたので,今乗っているXJ6からR3にしたらたぶんパワー不足で悩まされていたことは間違いありません。
XJ6Diversionは4発なので78馬力と結構な馬力があるのですが,これでも高速ではリッターバイクにかなりの遅れを取るくらいでしたので,ましてはR3では話にならないでしょう。
バイクの軽さは非常に魅力的なのですが。。

で,色々と探していたところ,Ninja650がなんと200kgを切る軽さになっていること,これは非常にいいのでは?ということで早速U-Mediaに見に行くことに。
最初はカワサキプラザで見積もったのですがどうやら割引しないとのこと。全色揃っているのですが。。一方U-Mediaでは最後の1台がKRTカラーで入手できるとのこと。多少割り引いてもらってシガソケつけてとうとう購入しちゃいました。

カワサキも初めて,2気筒も初めて(今考えるとCB400,XJR1300,XJ6とも全て4発でした),さあどうなることやら。

バイクで四国まで帰る。その4

いつのまにか,左の後ろのウインカーのカバーが無くなっていました。出発するときにはあったと思うのでどこか途中で落としたようです。
ネジでも緩んでいたのでしょうか?日常点検でネジ周りをきちんとみておかないとこういうことが起きたりしますので,日常点検は大事ですね。
まあ,45000kmも乗っているのだから色々糸がたがきているのかもしれません。カバーがなくてもなんとか走ることはできるのでそのまま帰ることにしました。

帰りは徳島から東京までフェリーで帰ります。ひと月ほど前に電話で予約を取りました。その時,Web予約はすでに売り切れだったのですが,駄目元で電話したところすんなり取れました。Webではすべてのチケットを売っていないのかもしれません。
家を出たのが8時30分ころ。まだ時間があるので下道でのんびり行きます。途中,びんび家の前を通ったのですが,お盆ということもあるのか駐車場は満車,店の前も長蛇の列。まだ9時過ぎなんですが。。。
徳島のフェリー乗り場には10時過ぎに着きましたがすでに10台以上バイクがいました。みなさん早いですね。10時半までにきてくださいということだったのですがすぐに乗船が始まるとのこと。
チケットはまだ買っていなかったので窓口まで買いに行きます。学割が効くので使いましたが2000円くらい安くなったでしょうか?バイク込みで19000円弱。高速代金+ガソリン台を考えると同じくらいの金額です。

北海道便もそうだったのですが,バイクは車より先に乗船します。乗船するとまずは寝室まで行きます。2等なのですが,一つ一つちゃんとベッドがあり,ほぼ個室と変わらないような感じになっています。北海道に行く際に使った新日本フェリーのツーリストSとほぼ同じ感じでしょうか?
さっさと着替えてのんびりします。食堂はついていないので冷凍物の自販機が沢山あります。まず最初にビールとお弁当です。家を出るときに作ってくれたお弁当を食べた後は,もうやることがないのでうろうろふらふら。。

北海道への新日本フェリーは映画など娯楽施設や食堂がちゃんとあったのですが,こちらの船はちょっと小さめ。設備は最小限の模様です。
やることもないので風呂に入りビールを飲んでさっさと寝ます。

起きたのが4時頃。もそもそ起きだすと,ちらほらと人が起きています。そうこうしているうちに,帝国の5時30分に東京に到着。小雨模様。。

バイクで下船したのが5時45分くらいでしょうか?途中で雨に降られましたがさっさと家に帰着。

疲れましたが,同窓生に会えたので非常ひ満足感が高い夏休みでした。

バイクで四国まで帰る。その3

四国に帰った次の日,特にすることもなかったのですが,一つだけやることがありました。友達のうどん屋へ行くというもの。去年独立して作ったというお店。高校の同窓生がたくさん集まるというお店になっています。
HPはまだ内容ですが,Facebookで投稿しまくっているおかげで,結構流行っている様子です。地元テレビにも紹介されたそうな。。

というわけで,バイクでそのお店まで行ってみました。朝から空いているそうですが,到着したのが11時頃。まだ混んではいません。従業員も何人かいるようで頑張っているのがよくわかります。
讃岐うどんらしくちゃんとおでんは置いています。おでんのない讃岐うどんは本物の讃岐うどんではありません。チェーン店でおでんまで置いているところは少ないですね。

お勧めを聞いたところ,すだちうどんとのこと。すだちはお隣徳島県の名産物ですが,うどんに入れるというのは知りませんでした。このすだちうどん,すだちの薄切りが何枚か入っている冷たいうどん。ぶっかけではなく,だしが冷たいもの。さっぱりしていて結構美味しい。
ということで,うどんを満喫した後は,特にやることもなく帰宅。

次の日は同窓会。昼から集まって食事をして,その後カラオケ,夜は街まで繰り出して居酒屋&花火大会を見るというコース。ちょっと疲れましたが久しぶりに会う同窓生にちょっと感動。
いろいろと話を聞いたのですが,まあ,いい年ですし色々ありますわな。
ということで同窓会まで終了し後は東京まで帰るだけとなりました。

バイクで四国まで帰る。その2

8月10,11日に一泊した淡路島ですが,朝は結構早く4時くらいから明るくなって来ました。トイレは水洗,ウオッシュレット付きというすごくいい環境。子供達が遊べるようなアスレチックのようなものもあるので,家族連れには人気があるのでしょう。

朝は適当に食事をします。前日ちょっと呑みすぎたようで,ワイン一本はちょっと多かったかもしれません。朝ごはんには持って来たサッポロ一番塩ラーメン。具なしで面だけを茹でて食べます。本当はコーヒーでも持ってくればよかったのですがすっかり忘れていたので,ラーメンだけ食べて,さっさとテントを片付けて帰り支度をします。
そういえば,朝方ちょっと小雨模様だったため,テントが濡れています。まあ,きにすることもなくさっさと片付けます。そして,キャンプ場を出たのが7時半くらい。まだ,周りの人は朝ごはんの支度をしているかどうかといったところ。自分の場合にはいつもキャンプをすると,朝早く出ることにしています。道も空いていますしなんといっても気持ちがいい。

で,当日の予定は,実は四万十まで行って足摺岬を見る予定でした。が,鳴門大橋を渡ったくらいで,なんかもういいかって感じになってしまい,そのまま帰ることにしました。
国道11号線を北上して高松を目指します。高松は,自分が住んでいた高校の頃からものすごく郊外が発展し,道路がたくさんできました。
知らない道も結構あるのですが,ナビのおかげで特に迷うこともありません。と行っても,自分の家に続く道はそれほど大きくも変わっていなかったので,まあ,それほど迷うこともありませんでしたが。。

実家に着いたのが朝10時前。ちょっと早いかもしれませんが,すでに温度は30度超え。暑いのなんのって。。
山の方に走りに行こうとしたのですがもう疲れたのでその日は終了。

で,のんびりと夜お酒を飲んで過ごしていたのですが,突然,携帯電話が。
実は今回帰ってきたのも,中学校の同窓会に出席するため。なんか大きな同窓会を2年くらい前にやってから,盛り上がってきて,毎年同窓会を行うことになりました。高校の同窓会はしょっちゅうやっていたのですが,中学校の同窓会ってものすごく久しぶり。
しかも中学校の同級生は職業も人も様々。話をしていても非常に楽しい。高校だと大体同じくらいの頭の持ち主なので,大人になってもまあみんなおんなじような感じの仕事だったりするので,それほど新鮮味がなかったりします。
が,中学校はすごい。あの人が今こんなことやっているとか,中学校時代からは思いも寄らない感じに変身しているような人ばかり。いやあ人生って面白いですね。
あと,中学校の同窓会だと,小学校,保育所からの友達もいるわけで,そういう人たちだともう,友達というよりは兄弟といってもいいくらいの関係。久しぶりにあっても,時間を感じさせません。

で,電話が鳴ったのが,その保育所時代からのお友達。なんか家のすぐそばに来ているので出てこいとのこと。まあ,そりゃ行きますよ。なんで帰って来たの知っているのかというと,どうやらFacebookにアップした写真でわかったようで。キャンプの写真をあげただけなんですけどね。
ということで,合計4人で前哨戦ということで,呑みに行くことに。。。

田舎での初日が過ぎて行きます。。

バイクで四国まで帰る。その1

先週は木曜日から休みにして,バイクで四国まで帰ってきました。
四国に直接帰るのではなく,どこかでキャンプしてから帰るというプラン。とりあえずは天候を直前まで確認しつつ,結局は淡路島でキャンプすることにしました。直前まで関西方面は天候が悪そうな雰囲気だったのですが,最終的に天候の良さそうな淡路島のキャンプ場にしました。

キャンプ場を選ぶ基準の一つが,温泉が近くにあるということ。歩いていけるようなキャンプ場を優先して探します。で,選んだキャンプ場が,ウエルネスパーク五色というオートキャンプ場。ここはどちらかというと来るまでのキャンプがメインというサイトで,区画整理がきちっとされているサイトと,フリーサイトがあります。

電話で予約したのが当日の昼ごろ。岡崎あたりのパーキングエリアで予約しました。料金は2500円程度で,温泉が割引が効くので合計3000円といったところ。北海道とかに比べると高いのですが,まあこんなもんでしょうか。
キャンプ場に着く前に買い物をしたのですが,入り口近くにスーパーがあったのでそこで買い出し。とはいってもそのスーパー,かなり小さめのスーパー。田舎の八百屋か魚屋がちょっと大きくなった程度。でも肉とか魚なんかは売っていたりしますので,キャンプには困らないでしょう。そこで,ワインと刺身とエリンギと炭を買っていざキャンプ場へ。着いたのが16時前くらい。
キャンプ場の受付で受付すると,ゴミ袋をくれます。このキャンプ場は夜間は門が閉まるようで,早朝に出かけたい人には向いていない模様です。

フリーサイトは本当におまけであるような感じで,裏の方にあります。フリーなのですが,大きめのテントだと数個貼れば満杯になってしまうような感じ。一応区画分けされているようでしたが3つの区画に分かれていたので,3組までの予約なのかもしれません。

バイク用テントなのでそれほど場所はいらないのですが,着いた時には先客がいました。
ただこの先客,車だったようで,宿泊せずに夜になると帰ってしまいました。なんのために来たのだろう。。。
このキャンプ場の場は非常に硬くてペグが刺さりません。とんかちが必要ですが,今回は持ってこなかったので苦労しました。テントを張って,お風呂に入って,ご飯を炊いて,お酒を飲んで,炭で焚き火をしているうちにフラフラと寝てしまいました。

結構虫も多かったのですがまあこんなもんでしょう。。。

夏は長距離フェリー

久しぶりに,この夏休み,長距離フェリーに乗ることにしました。
といっても北海道便ではありません。以前,北海道に行く時には新潟から小樽までの便をこれを2往復したことがあります。
今回は,帰省ついでということで,オーシャン東九フェリーに乗ることにします。何回か乗るチャンスはあったのですが,今回が初めてとなります。
このオーシャン東九フェリーは東京から,徳島を経由して九州まで行く便で,今回は徳島から東京まで乗ることにします。徳島は朝の11時頃に出発し翌日の朝6時頃に東京に着くというもの。
結構な距離があります。特にお盆の時期に乗るのですが,高速の渋滞にハマるのがいいのか,フェリーでのんびり帰るのがいいのかどちらかというと,やはり時間を気にしないのならばフェリーでしょう。
以前,バイクで四国から東京まで走った時は,この時もお盆シーズンだったのですが,昼過ぎの3時頃に出て,ついたのが夜中の3時頃。丸12時間といったところでしょうか。それでも結構休憩取ったり,渋滞にハマったりとしたのですがやはり高速を使うと結構早いのかもしれません。

今回乗るオーシャン東九フェリーは,北海道便と違って食堂などの設備がないとのこと。自動販売機に全てが入っているそうです。まあ,食事は適当でもいいのかもしれません。
出発時にはお昼前なので外で買って乗り込んで,夕食のみ自動販売機といった感じになるのかもしれません。

客室ですが,どうやら昨年船が新しくなったらしく,2等でも雑魚寝はなくなったそうです。ブログの記事など色々見てみると,普通に2段ベッド。
北海道行きの時も部屋は区切られていたのですが実は大部屋だったのでこれと同じ感じなのかもしれません。それでいて追加料金なし。結構いいかもしれません

バイクを乗せて合計2万円くらいだそうですが,学割が使えそうなのでもう少し安くなるでしょう。

KT-BMD032と中華ヘッドセット

先日購入した中華製のバイク用ヘッドセット,まだ実際にバイクに乗って使っていないのですがスマホとの通信は確認しました。

そのヘッドセットはこれ。非常にお買い得です。

で,やはりアマチュア無線機と接続できないのは不便ということで,買っちゃいました。KTELのこれ

実際には秋葉原で買ったのですが,これが非常にお安い。このアマゾンの価格よりはるかに安かったです。こういう無線機関連を買うときは秋葉原に行くのが一番ですね。以前VX-3を買った時もネット最安値よりももっと安かったです。

このKT-BMD032とVX-3を接続。VXー7は相手側として電源オン。
LEXINは6台とBluetooth接続できるので,2台目としてこのKT-BMD032を接続します。最初はうまくいかなかったのですが,いろいろいじっているうちに接続ができました。
HSPで接続ボタンをONし,ヘッドセット側でBボタンを長押し。うまくKT-BMD032でランプが接続完了へと。

通信をしてみると。。。雑音がひどい。。。
まあ,一応しゃべっている内容は聞き取れるようです。

Bluetoothの相性が悪いのかもしれませんがとりあえず繋がったということで。