投稿日:

給料を全部使うってどういうこと?

トピック「自己投資」について

 

給料を全部使うってありえないでしょう。なくなったらどうするのでしょうか?

人に借りる?親にもらう?

とても先を見据えた人生とは思えません。

そもそも資格試験や自己投資などと言って給料を必要以上に使って”勉強”した”つもり”になることにはあまり意味がありません。資格試験なんかは仕事で身につけた能力の照明用の試験でしかありえませんので。資格用の勉強にスクールに通ったりするのは全くのナンセンス。試験対策を教えてもらってそれで合格してなんの意味があるのでしょうか?

資格用の試験なんかは市販の本を2,3冊読めば十分。これで試験で問われる能力の範囲がわかるので、あとは自分なりに仕事や普段から得る知識を総動員して解答すればいいだけです。それで合格できないということは、まだその領域に達していないということ。

自己投資という魔法の言葉に、(特に業者が好んで使うのでしょうが、、)騙されて給料を”浪費”してはいけません。

もっと有意義なことに使いましょう

投稿日:

今週のお題「テスト」

今週のお題「テスト」

 

テストですか。学生だけの特権化とおもいきや、おとなになってもテストっていっぱいあるのですよね。資格試験にせよ昇進試験にせよ、人生は勉強勉強!

勉強をしなくなってしまうと堕落していくだけです。本を読めば勉強になると行って小説ばかり読んでいてはダメです。小説というものは頭を休めるために、テレビを見る代わりに読むもの。小説ばかり読んでも国語力なんかは上がらないでしょう。こういう自分もまさにその通りですから。

やはりちゃんと教科書的なものを使用して頭で考えながら読み進んでいくことに意味があります。その結果としての証明を得るのがテストではないでしょうか?

 

子どもの教育で、詰め込み方式のテストは悪という議論があると思いますが、詰め込んだ知識なしの教育ってなんなの?ッて感じです。詰め込んだ知識があるからこそそれを根拠に新しい物事や考え方が広がっていくことはあたりまえ。

ゆとり教育なんて全くのナンセンス。もっと詰め込んで知識があふれんばかりにすることが必要なのではないでしょうか?そのためにもテストをしっかりと行うべきです。

 

スポーツなどでも試合は練習の何日分に値するとか言いますが、テストも同じです。テストで間違ったりしたところは印象に残りますし、そもそもテストの問題は良く出来ているので下手なもので勉強するよりテストを何度も受けることをおすすめします。

 

そういえば昔読んだ漫画で「学問のススメ」というコンタロウの漫画がありましたが、この漫画も最後時間がなくなり、本命の早稲田の試験まで毎日30日間他学校の入試テストを受け続けるというものでした。

 

テストはそういう使い方もあるということです

投稿日:

今週のお題「2014年、夏の予定」

今週のお題「2014年、夏の予定」

 

今年の夏の予定は、まだ決まっていませんが、バイクで東北地方を回ってみたいと思っています。

バイクに乗り始めたのは(正確にはリターンですが)、2007年の春のこと。それまで特に興味もなかったのですが、GWにハーレーのタンデムで旅行をしていた初老の夫婦をみて衝撃を受けました。なんかかっこいい!!

思い立ったが吉日で、早速大型自動二輪の免許を取ることにしました。中型二輪は持っていたのですが、なんせ運転するのがうん十年ぶりということで練習しないと行けません。ただ練習するだけというのもなんなので、ついでに大型をとってみようかということで教習所に通い始めることにしました。これが意外と大変だったのですが、最初はあまりに久しぶりすぎたので、エンジンの掛け方がわからない。。いろいろいじっているとようやくセルスイッチ発見。久しぶりに乗ったときはまさに初心者同様。怖かったです。

なんだかんだで数時間オーバー&卒検2回目で合格。バイクに乗り始めることにしたのです。

免許を取ってバイクに乗り始めると、これが楽しい楽しい。ということですっかりはまってしまいました。バイクに乗っていると自然と仲間とかもできるので、ますます楽しくなってきます。人と話しているとやはりみんないろいろと旅をしているということがわかってきました。

自分もということで、2011年夏は北海道ツーリング、小樽から宗谷岬、道東を周り富良野から札幌というコースで回りました。2012年夏も北海道。今度は室蘭、襟裳、富良野根室など一通りグルーッと回ったのですがこの年はキャンプツーリングなるものを実行。バイク乗りはテントを担いで旅をするのが一般的みたいです。

2013年は山陰地方へ行ってみたりしました。これは暑かった。。

今年はやはり震災後、だいぶ落ち着いてきたと思うので東北に行ってみたいと思っています。もちろんテントを担いでキャンプツーリングです。東北地方はあまり行ったことがないのでどこに行っていいのか見当もつかないのですが、目的地を決めずに気の向くままに旅をするのがバイクツーリングの醍醐味。天候とにらめっこしながら雨の降らない方向へ向かっていくつもりです。

 

投稿日:

今週のお題「アイドル」

今週のお題「アイドル」

 

自分が子供の頃のアイドルといえば、、

ピンクレディでしょうか?キャンディーズは気がついたら解散していたしあまり思い出がありません。その点ピンクレディーは、売れ始めた頃から解散までずーっと見ていたような気がします。だいたいピンクレディーの話になるとどちらがいいかとかそういう話になったかと。男女とわずです。今から思えば本当の国民的アイドルですね。国民全員が知っていて注目している感じです。アンチとかいたのでしょうか?情報もそれほど豊富な時代ではないので、テレビと小学何年生と行った雑誌くらいしかありませんでしたから。

 

その後のアイドルといえば、聖子ちゃんとかいたのですが、それ以降はそれほど熱中することもなく時は流れていきました。

 

ところが最近、AKBでしょうか。久しぶりにアイドルに注目してしまいました。マジスか学園くらいに初めて知ったのですが(デビューは話題になったので話くらいは知っていたのですが、誰がいるのかは知らなかった)、うん、このこかわいいねぇ、と思ったのがあっちゃんですね。人気があるとは知りませんでしたが。。

 

その後東京ドームのコンサートにもいったりしたのですが、最近ではもうお腹いっぱい感で。。。

投稿日:

今週のお題「雨あめ降れふれ」

今週のお題「雨あめ降れふれ」

 

あめが好きか嫌いかといえばどちらになるのでしょうか?あまり深く考えたことがないので考えてみます。

もともと家にいるのがあまり好きではないので、外に出ることが多いです。そういう観点でいうと雨が降っていると傘をさしたり、ぬれたりするので嫌いということになってしまいます。

一方、雨がしとしと降るあの音。意外と好きです。

どちらにせよ善し悪しがあるのですが、やはり実用的な観点からいうとあめは嫌いかなぁ。。

投稿日:

今週のお題「アイス」

今週のお題「アイス」

 

アイスといえば子供の頃あこがれだったのが「ピノ」

ちょうどピノが発売した頃、当時30円アイスや50円アイスがほぼ主流の中100円という高価格。

しかも他のアイスに比較し小さい。。

子供ながらにこれはなかなかかえるものではありませんでした。

たまに小遣いもらったばっかの子とか、買っていたりしたのですが、なんか非常にうらやましかったです。

 

そういえば昔はカードかシールかなにかおまけがついていたような気がするのですが勘違いかな?