投稿日:

Ninja650にキャリアをつける(2)

イタリアから届いたキャリア4117fzはアームが2本だけ入っており、ベースとなる部分は付属していません。これを見越していたわけではないのですが、ベースはあらかじめ購入しておきました。

届いたキャリアと、それに合わせて買っておいたGIVI箱とM5Mベースとバイクカバーです。

パーツは全部揃ったので早速つけることにします。キャリアをつけるには13のスパナと6Mのレンチが必要になります。

まず、キャリアをつけるために、リア下部のボルト穴の蓋を取ります。全部で4箇所

f

説明書通りに、まずはキャリアをつけるためのベースを取り付けます。小さいプレートをワッシャーをかましながらねじ込みます。意外と固い。。

こんな感じで両側に取り付けます。

次に、ベースにキャリアを取り付けます。これはボルト2本で取り付けるのですが、裏にナットをかませる際に、スパナで押さえておかないとくるくる回るので押さえてしっかり締め付けます。


取り付けた後はネジ穴に蓋をします。

両側を取り付けるとこんな感じ

ここに、M5Mベースを取り付けます。GIVI箱にも汎用ベースが付属されていたのですが、こちらの方が丈夫そうな感じです。

ベースを取り付けた後、ネジ穴に蓋をして完了。

全部で小一時間ほどで終了。

天気が良かったのでこの後宮ヶ瀬までテスト走行して来ました。

特にぶれることもなく問題ありません。

投稿日:

Ninja650にキャリアをつける(1)

1月に購入したNinja650 2018 KRTカラー。ずっとシートバックで運用していたのですが、やはりシートバックだけでは積載も悪いし、キャンプツーリング用のバックもつけることができないくらい、引っ掛けるところがありません。

そこで、以前のXJ6でも使っていたキャリアをつけることにしました。キャリアは純正のものもあるのですが、やはりここはGIVI。GIVI箱をつけるにはこのキャリアがもってこい?ではないでしょうか?
とはいいつつ、純正品は1万5千円以上する上に、バイク屋にまでつけてもらいに行くのも面倒ということで、ネットで色々調べたところ、GIVIの4117FZが使えるとが判明。Z650用らしいのですが、当然兄弟社であるNinja650にも使えるとのこと。こちらのサイト、非常に参考になりました。

上記のサイトの方はebayで購入したとのことですが、ebayで調べたところ、送料込みで1万7千円以上するものばかり。時期が悪いのでしょうか?色々調べたところ、motostormというサイトから購入できるとのこと。こちらのサイトで購入したというブログもそこそこあるので信用できそうです。

で、これをポチったのが4月26日。ブログに書かれている人の話ではすぐに発送してくれるとのことなので、期待が持てます。

ポチった後、2週間ほどしても音沙汰なし。作業中という表示のまま。仕方がないので、メールで問い合わせてみたところ、今製造中で来週受け取ったらすぐに送るとのこと。。
品切れなんですね。。。

で、首を長くして待つこと、3週間。ようやく発送された模様です。Fedexからメールが来ました。
しかしここからが結構長い長い。

結局Fedexが受け取ってから配達まで1週間。結局受け取ったのが5月26日。まるまる1ヶ月かかりました。値段は送料込みで1万4千円ほど。国内では販売していないので仕方ないといえば仕方がありません。ちなみに送料は39ユーロとのこと。本体自体は60ユーロ程度なので、8千円といったところでしょうか?

Fedexでの長旅の記録をつけておきます。

つづく