Ninja650納車される

Pocket

1月6日の契約,1月13日の納車。
結構早いですね。バイクの場合には車と違って現車がすでに店にあるのでそれを登録するだけなので1週間ほどで納車が可能になるのかと思います。車の場合には注文してから作るような感じなのでどうしても2ヶ月くらいかかってしまいます。いずれにせよ買ってすぐ手にできるのはいいことですよね。

購入して100kmほど走った感想。
まず,今まではCB400,XJR1300,XJ6と全て排気量は違うものの4気筒エンジン。4気筒エンジンはよく言われているのですが,モーターみたいな感じと言われたものです。
確かに今から思えば,モーターで動いているが如く,アイドリング時はすごく静かで,走りもスムーズといった感じですごく乗りやすい。
それに対し,Ninja650は2気筒エンジン。今回初めてなのですが,やはりドコドコ感がすごい。エンジンをかけた瞬間からドコドコ。乗っている間もドコドコ。このドコドコ感,4気筒でもあるのですが,エンストしかけのあの感じがこの2気筒のドコドコ感と同じ。なんか2気筒に乗っているとエンストしそうな気がします。
実際,ギアが回転数と会っていないと本当にエンストしそうなほど。4気筒の時は多少ギアは会ってなくてもそれほど違和感なかったのですが,この2気筒エンジン,ギアと回転数があっていないとどうもしっくりきません。
その辺りが運転していてちょっとというかかなり感じた部分です。

あと,やはり車体が非常にコンパクト。250CCクラスのコンパクトさ。しかも車重も200kgもないというもの。CB400と同じくらいでしょうか?XJ6Diversionから約20kgも軽くなっているので扱いが非常に楽です。これはイイ!
軽さとは正義ですね。

こんな感じで乗りごごちに関してはまあ差し引きプラマイ0といったところでしょうか?

2気筒のこの不思議なドコドコ感。これがバイクというもんじゃというくらい主張しているような気がします。
慣れるまで時間がかかるでしょう。