月別アーカイブ: 2018年1月

Nijna650カスタム

先週の日曜日,きたばかりのNinja650。まだ全然走っていないのですが早速カスタムすることにしました。

カスタムといってもやはりこの寒い中,グローブだけではきついのでグリップヒータ をつけることにします。というのも,朝一番で宮ヶ瀬までひとっ走り。非常に寒く,気温計は0度?本当に?というくらい寒いということで,指先は麻痺状態。

以前はKRANの電熱グローブを使っていたのですが,これがもう5,6年ほど使っていることもあり,とうとう片方のグローブが暖かくならなくなってきました。
そのため,使うわけにもいかず,普通の冬グローブでの運転と相成り,久しぶりにつめたーい思いをしました。

ということで,早速二輪館までひとっ走り。ついた時にはまだ開店前。10時30分からなのね。
開店と同時に入店し早速エンデューロのグリップヒーターを手にしてレジへ。どうやら他の客も開店と同時にダッシュしたのか,作業開始は11時半からとのこと。
あと,5mmほど短いと言われたのですがまあよしとしましょう。
グリップヒーターのセンサー?スイッチ?をどこにつけるかということで,ちょうどハンドルの真ん中あたりに貼り付けてもらうことにしました。

途中,グリップエンドが固くて抜けませんということで,無理やり外して新しくすることに。これも別途4千円弱かかりました。
ということで工賃込みでホットグリップ 取り付けに2万弱。とグリップエンドが4千円弱ということで,合計2万4千円ですか。

結局作業終了が2時30分ということで4時間待ち。あまりにも暇なので店内の商品を全て覚えてしまえるくらい見まくりました。
その中でも電熱グローブはやっぱり高くて,全部で3万くらいしそうな勢い。以前買ったKRANのもそれくらいしたかもしれません。

グリップヒータ以外にはRAMマウントのスマホホルダーをつけることに。こちらのサイトを参考に買ったのがこれ。

これに,RAMマウントをつけます。ベースとアームは以前持っていたものを流用し,iPhone8 Plus用にこちらの大きなものを購入。

この一個小さいやつも持っているのですが,iPhone8Plusを手帳ケース付きで挟むとほんとギリギリ。

とりあえずはイイ感じになりました。

Ninja650納車される

1月6日の契約,1月13日の納車。
結構早いですね。バイクの場合には車と違って現車がすでに店にあるのでそれを登録するだけなので1週間ほどで納車が可能になるのかと思います。車の場合には注文してから作るような感じなのでどうしても2ヶ月くらいかかってしまいます。いずれにせよ買ってすぐ手にできるのはいいことですよね。

購入して100kmほど走った感想。
まず,今まではCB400,XJR1300,XJ6と全て排気量は違うものの4気筒エンジン。4気筒エンジンはよく言われているのですが,モーターみたいな感じと言われたものです。
確かに今から思えば,モーターで動いているが如く,アイドリング時はすごく静かで,走りもスムーズといった感じですごく乗りやすい。
それに対し,Ninja650は2気筒エンジン。今回初めてなのですが,やはりドコドコ感がすごい。エンジンをかけた瞬間からドコドコ。乗っている間もドコドコ。このドコドコ感,4気筒でもあるのですが,エンストしかけのあの感じがこの2気筒のドコドコ感と同じ。なんか2気筒に乗っているとエンストしそうな気がします。
実際,ギアが回転数と会っていないと本当にエンストしそうなほど。4気筒の時は多少ギアは会ってなくてもそれほど違和感なかったのですが,この2気筒エンジン,ギアと回転数があっていないとどうもしっくりきません。
その辺りが運転していてちょっとというかかなり感じた部分です。

あと,やはり車体が非常にコンパクト。250CCクラスのコンパクトさ。しかも車重も200kgもないというもの。CB400と同じくらいでしょうか?XJ6Diversionから約20kgも軽くなっているので扱いが非常に楽です。これはイイ!
軽さとは正義ですね。

こんな感じで乗りごごちに関してはまあ差し引きプラマイ0といったところでしょうか?

2気筒のこの不思議なドコドコ感。これがバイクというもんじゃというくらい主張しているような気がします。
慣れるまで時間がかかるでしょう。

Ninja650購入

とうとう買っちゃいました。Ninja650
この1ヶ月くらい探していて,R3がいいなぁとか色々見ていたのですが,最終的にやはりミドルクラスのNinja650を選択。
最初に乗っていたCB400はVTec付きでも52馬力程度。これでも少し物足りないかなぁと思っていたので,今乗っているXJ6からR3にしたらたぶんパワー不足で悩まされていたことは間違いありません。
XJ6Diversionは4発なので78馬力と結構な馬力があるのですが,これでも高速ではリッターバイクにかなりの遅れを取るくらいでしたので,ましてはR3では話にならないでしょう。
バイクの軽さは非常に魅力的なのですが。。

で,色々と探していたところ,Ninja650がなんと200kgを切る軽さになっていること,これは非常にいいのでは?ということで早速U-Mediaに見に行くことに。
最初はカワサキプラザで見積もったのですがどうやら割引しないとのこと。全色揃っているのですが。。一方U-Mediaでは最後の1台がKRTカラーで入手できるとのこと。多少割り引いてもらってシガソケつけてとうとう購入しちゃいました。

カワサキも初めて,2気筒も初めて(今考えるとCB400,XJR1300,XJ6とも全て4発でした),さあどうなることやら。

無線LANルータを買い換える

もう5,6年使ってきた無線LANルータ,IOデータのやつなのですが,どうも繋がりが悪いとの家族のクレームを受けて買い換えることにしました。

最近無線LANルータの情報をほとんどとっていなかったので知らなかった(汗)のですが,無線の規格にIEEE802.11acという規格ができているようです。
今使っているのは11nなのでせいぜい100Mbpsも出ればいい方。たぶんでていません。。
今回の11acは理論上は800Mbpsオーバとのこと。まあ,話半分でしょうが,iPhoneやiPad mini4が対応しているということなのでせっかくの力を使わないのはもったいないということで買い換えました。

ヨドバシや価格コムで色々見ていると,Buffaloのこれ

が良さげ。

家はGigaビットイーサにしているので,100Mbpsしか対応していない安い製品はちょっと選択肢から外れてしまいますのでこちらがベストな選択になりました。

注文は1月2日にポチッとヨドバシで。で3日の昼頃には到着と。ヨドバシさんも正月もなくきちんと仕事をしていてくれて感謝です。

前の設定を移行するツールなるものも最近はついているようですがそういう便利機能は使いません。あと,設定はマニュアルで行います。
家のLAN環境は,KDDIの光回線なのですが,レンタルしたKDDIの端末をDMZゾーンとしてその下に今回のルータで別ネットワークを作ります。まあ,前回使っていたIOデータのものも同じなんですけど。

Buffaloのルータはデフォルトで192.168.11のセグメントが割り当てられるのですが,前回も同じ192.168.11のセグメントを切っていたので特に問題なく移行は完了。

心なしか無線LANが早くなったような気もします。