投稿日:

Web講義のテスト

JAIST東京サテライトでは,Web講義なる授業があります。要は石川の本校で行なった授業のビデオを見て,それで講義を受けたことにし,最終テストで判定するという形の授業です。

こちらの授業は情報系の授業で,授業の単位認定は基本的にテストで行うという形式ですので,Web講義という形が成り立ちます。知識系の授業はどちらかというとワークショップが中心だったりするので,当然,授業中に同じ授業を受けている人と意見を交換し会って,まとめて発表なんて形なので,Web講義というのは無理なのでしょう。

また,Web講義はどちらかというと基礎的な内容の授業なのでそういう形が成り立つのかもしれません。基本的に質問とかもできませんので。まあ,メールで聞けばいいのでしょうがやはりメールと実際に聞くのでは全く違うでしょうから,Webで受けるのは少し難易度高めと言ったところでしょうか?

試験は当然Webではなく,サテライトの教室で受けるのですが,前回受けた授業は試験を受けているのが立ったの2人。自分入れてです。
もともとサテライトは情報系の学生は少ないのですが輪をかけて少ないですね。

Web講義の試験は今回は9月に集中しているようですが,まったく理解していなかったりするのでちょっと受けるかどうか悩みどころです。。。

投稿日:

久しぶりのJISTA

先週はJISTA,JSDG合同のビアパーティでした。
毎年8月の月例会は合同ビアパーティになっていて,午後のワークショップは軽めの内容で,懇親会がビアパーティになっています。

とは言っても,午前中から夕方まで授業だったので,参加したのばビアパーティのみ。
ビアパーティとはいいつつ,中華の食べ放題飲み放題というスタイル。まあ,いつもの懇親会に毛が生えた感じでしょうか。
実は最近ほとんど月例会には参加できておらず,たまに懇親会のみに参加するだけ。。
下期は授業もだいぶ落ち着いてきたので,JISTAにも参加できる予定です。

で,先週末のビアパーティ,なかなか楽しめました。最近お会いしていない人と会ってお話しできるのは非常に楽しい!
というわけで2次会のカラオケまでフル参加して帰りました。
ちなみにカラオケは学割が効きました。

投稿日:

長期履修にする

JAISTの社会人コースは長期履修といって,修士なら最初から2年ではなく3年もしくは4年で卒業しますよと大学に長期履修届けを出すと,その年限で按分した授業料を毎年納めるだけですみます。要は留年しても授業料は皮ならいということです。
ただし,このシステムですが1つだけ問題があります。労災保険の教育訓練給付金制度が使えなくなるということです。まあ,10万円なんですけどね。
もし2年で卒業できなかった場合には余分に費用がかかりますので,要は保険だと思えばいいと思います。
また,この長期履修制度ですが出せるタイミングが決まっていて,入学する前か1年の終わりのどちらかのタイミングでしか出せません。最初勘違いしていたのですが,1年の終わりに出す際には3年,入学前に出す場合には4年と思っていたのですが,1年の終わりに出す際にも4年が選べるみたいです。その場合には1年分の授業料を3年で払うので一回あたり8万円くらいになります。非常にお安いですね。
当初は2年で卒業する予定だったで出すつもりもなかったのですが,そろそろ研究を始めるために研究計画書というのを出す必要がありその相談をサテライトのゼミで行ったときに,先生方に保険をかけておいてもいいかもしれないと言われたので出すことにしました。

ちなみにサテライトでは担当の先生が本校にいてこちらに来ることがない場合には会うことができませんので,サテライトでゼミという形で,東京に来る先生方に相談することができます。まあ,専門もだいぶ違ったりするのですが色々と意見をいただけるので活用するのもいいかと思います。

結局,その長期履修制度の締め切りが今月末ということで,さっさと出してしまいました。まあ,2年で卒業するつもりなんですけどね。

投稿日:

バイクで四国まで帰る。その4

いつのまにか,左の後ろのウインカーのカバーが無くなっていました。出発するときにはあったと思うのでどこか途中で落としたようです。
ネジでも緩んでいたのでしょうか?日常点検でネジ周りをきちんとみておかないとこういうことが起きたりしますので,日常点検は大事ですね。
まあ,45000kmも乗っているのだから色々糸がたがきているのかもしれません。カバーがなくてもなんとか走ることはできるのでそのまま帰ることにしました。

帰りは徳島から東京までフェリーで帰ります。ひと月ほど前に電話で予約を取りました。その時,Web予約はすでに売り切れだったのですが,駄目元で電話したところすんなり取れました。Webではすべてのチケットを売っていないのかもしれません。
家を出たのが8時30分ころ。まだ時間があるので下道でのんびり行きます。途中,びんび家の前を通ったのですが,お盆ということもあるのか駐車場は満車,店の前も長蛇の列。まだ9時過ぎなんですが。。。
徳島のフェリー乗り場には10時過ぎに着きましたがすでに10台以上バイクがいました。みなさん早いですね。10時半までにきてくださいということだったのですがすぐに乗船が始まるとのこと。
チケットはまだ買っていなかったので窓口まで買いに行きます。学割が効くので使いましたが2000円くらい安くなったでしょうか?バイク込みで19000円弱。高速代金+ガソリン台を考えると同じくらいの金額です。

北海道便もそうだったのですが,バイクは車より先に乗船します。乗船するとまずは寝室まで行きます。2等なのですが,一つ一つちゃんとベッドがあり,ほぼ個室と変わらないような感じになっています。北海道に行く際に使った新日本フェリーのツーリストSとほぼ同じ感じでしょうか?
さっさと着替えてのんびりします。食堂はついていないので冷凍物の自販機が沢山あります。まず最初にビールとお弁当です。家を出るときに作ってくれたお弁当を食べた後は,もうやることがないのでうろうろふらふら。。

北海道への新日本フェリーは映画など娯楽施設や食堂がちゃんとあったのですが,こちらの船はちょっと小さめ。設備は最小限の模様です。
やることもないので風呂に入りビールを飲んでさっさと寝ます。

起きたのが4時頃。もそもそ起きだすと,ちらほらと人が起きています。そうこうしているうちに,帝国の5時30分に東京に到着。小雨模様。。

バイクで下船したのが5時45分くらいでしょうか?途中で雨に降られましたがさっさと家に帰着。

疲れましたが,同窓生に会えたので非常ひ満足感が高い夏休みでした。

投稿日:

バイクで四国まで帰る。その3

四国に帰った次の日,特にすることもなかったのですが,一つだけやることがありました。友達のうどん屋へ行くというもの。去年独立して作ったというお店。高校の同窓生がたくさん集まるというお店になっています。
HPはまだ内容ですが,Facebookで投稿しまくっているおかげで,結構流行っている様子です。地元テレビにも紹介されたそうな。。

というわけで,バイクでそのお店まで行ってみました。朝から空いているそうですが,到着したのが11時頃。まだ混んではいません。従業員も何人かいるようで頑張っているのがよくわかります。
讃岐うどんらしくちゃんとおでんは置いています。おでんのない讃岐うどんは本物の讃岐うどんではありません。チェーン店でおでんまで置いているところは少ないですね。

お勧めを聞いたところ,すだちうどんとのこと。すだちはお隣徳島県の名産物ですが,うどんに入れるというのは知りませんでした。このすだちうどん,すだちの薄切りが何枚か入っている冷たいうどん。ぶっかけではなく,だしが冷たいもの。さっぱりしていて結構美味しい。
ということで,うどんを満喫した後は,特にやることもなく帰宅。

次の日は同窓会。昼から集まって食事をして,その後カラオケ,夜は街まで繰り出して居酒屋&花火大会を見るというコース。ちょっと疲れましたが久しぶりに会う同窓生にちょっと感動。
いろいろと話を聞いたのですが,まあ,いい年ですし色々ありますわな。
ということで同窓会まで終了し後は東京まで帰るだけとなりました。

投稿日:

バイクで四国まで帰る。その2

8月10,11日に一泊した淡路島ですが,朝は結構早く4時くらいから明るくなって来ました。トイレは水洗,ウオッシュレット付きというすごくいい環境。子供達が遊べるようなアスレチックのようなものもあるので,家族連れには人気があるのでしょう。

朝は適当に食事をします。前日ちょっと呑みすぎたようで,ワイン一本はちょっと多かったかもしれません。朝ごはんには持って来たサッポロ一番塩ラーメン。具なしで面だけを茹でて食べます。本当はコーヒーでも持ってくればよかったのですがすっかり忘れていたので,ラーメンだけ食べて,さっさとテントを片付けて帰り支度をします。
そういえば,朝方ちょっと小雨模様だったため,テントが濡れています。まあ,きにすることもなくさっさと片付けます。そして,キャンプ場を出たのが7時半くらい。まだ,周りの人は朝ごはんの支度をしているかどうかといったところ。自分の場合にはいつもキャンプをすると,朝早く出ることにしています。道も空いていますしなんといっても気持ちがいい。

で,当日の予定は,実は四万十まで行って足摺岬を見る予定でした。が,鳴門大橋を渡ったくらいで,なんかもういいかって感じになってしまい,そのまま帰ることにしました。
国道11号線を北上して高松を目指します。高松は,自分が住んでいた高校の頃からものすごく郊外が発展し,道路がたくさんできました。
知らない道も結構あるのですが,ナビのおかげで特に迷うこともありません。と行っても,自分の家に続く道はそれほど大きくも変わっていなかったので,まあ,それほど迷うこともありませんでしたが。。

実家に着いたのが朝10時前。ちょっと早いかもしれませんが,すでに温度は30度超え。暑いのなんのって。。
山の方に走りに行こうとしたのですがもう疲れたのでその日は終了。

で,のんびりと夜お酒を飲んで過ごしていたのですが,突然,携帯電話が。
実は今回帰ってきたのも,中学校の同窓会に出席するため。なんか大きな同窓会を2年くらい前にやってから,盛り上がってきて,毎年同窓会を行うことになりました。高校の同窓会はしょっちゅうやっていたのですが,中学校の同窓会ってものすごく久しぶり。
しかも中学校の同級生は職業も人も様々。話をしていても非常に楽しい。高校だと大体同じくらいの頭の持ち主なので,大人になってもまあみんなおんなじような感じの仕事だったりするので,それほど新鮮味がなかったりします。
が,中学校はすごい。あの人が今こんなことやっているとか,中学校時代からは思いも寄らない感じに変身しているような人ばかり。いやあ人生って面白いですね。
あと,中学校の同窓会だと,小学校,保育所からの友達もいるわけで,そういう人たちだともう,友達というよりは兄弟といってもいいくらいの関係。久しぶりにあっても,時間を感じさせません。

で,電話が鳴ったのが,その保育所時代からのお友達。なんか家のすぐそばに来ているので出てこいとのこと。まあ,そりゃ行きますよ。なんで帰って来たの知っているのかというと,どうやらFacebookにアップした写真でわかったようで。キャンプの写真をあげただけなんですけどね。
ということで,合計4人で前哨戦ということで,呑みに行くことに。。。

田舎での初日が過ぎて行きます。。

投稿日:

バイクで四国まで帰る。その1

先週は木曜日から休みにして,バイクで四国まで帰ってきました。
四国に直接帰るのではなく,どこかでキャンプしてから帰るというプラン。とりあえずは天候を直前まで確認しつつ,結局は淡路島でキャンプすることにしました。直前まで関西方面は天候が悪そうな雰囲気だったのですが,最終的に天候の良さそうな淡路島のキャンプ場にしました。

キャンプ場を選ぶ基準の一つが,温泉が近くにあるということ。歩いていけるようなキャンプ場を優先して探します。で,選んだキャンプ場が,ウエルネスパーク五色というオートキャンプ場。ここはどちらかというと来るまでのキャンプがメインというサイトで,区画整理がきちっとされているサイトと,フリーサイトがあります。

電話で予約したのが当日の昼ごろ。岡崎あたりのパーキングエリアで予約しました。料金は2500円程度で,温泉が割引が効くので合計3000円といったところ。北海道とかに比べると高いのですが,まあこんなもんでしょうか。
キャンプ場に着く前に買い物をしたのですが,入り口近くにスーパーがあったのでそこで買い出し。とはいってもそのスーパー,かなり小さめのスーパー。田舎の八百屋か魚屋がちょっと大きくなった程度。でも肉とか魚なんかは売っていたりしますので,キャンプには困らないでしょう。そこで,ワインと刺身とエリンギと炭を買っていざキャンプ場へ。着いたのが16時前くらい。
キャンプ場の受付で受付すると,ゴミ袋をくれます。このキャンプ場は夜間は門が閉まるようで,早朝に出かけたい人には向いていない模様です。

フリーサイトは本当におまけであるような感じで,裏の方にあります。フリーなのですが,大きめのテントだと数個貼れば満杯になってしまうような感じ。一応区画分けされているようでしたが3つの区画に分かれていたので,3組までの予約なのかもしれません。

バイク用テントなのでそれほど場所はいらないのですが,着いた時には先客がいました。
ただこの先客,車だったようで,宿泊せずに夜になると帰ってしまいました。なんのために来たのだろう。。。
このキャンプ場の場は非常に硬くてペグが刺さりません。とんかちが必要ですが,今回は持ってこなかったので苦労しました。テントを張って,お風呂に入って,ご飯を炊いて,お酒を飲んで,炭で焚き火をしているうちにフラフラと寝てしまいました。

結構虫も多かったのですがまあこんなもんでしょう。。。

投稿日:

TOEIC IP試験を受けた

昨日は大学のTOEIC IPテストでした。
希望者は無料で受けることができます。年に2回ほど実施されていますが,自分はこれで2回目の試験となります。
以前受けた時は,旧形式のTOEICテストだったのですが,昨日受けたのはどうやら新形式。

噂には聞いていたのですがだいぶ感じが変わりました。
まず,写真を見て答える問題が少なくなったのと,リスニング中に図表などから答えを選ばせる選択肢ができたこと,あとは,パート7の分量が多く,3つの文章を見て答えさせる問題も新たに加わりました。

リスニングもちょっと難しくなったような気がします。
とにかく時間が足りないので考え込まずに,わからないものはえいやっとマークして次へと進まないといけません。
受験した人は全部で20数名だったのですが,結構周りは知らない人が多い感じ。授業とかで一緒になったことない人が結構いるみたいです。

結果は2,3週間後に出るのですが,今回は相当下がることでしょう。。

投稿日:

大学院のレポート

大学もそうだったかちょっと忘れたのですが,大学院の授業のレポートはそれなりの体裁を整える必要があります。

まず,参考文献。レポートを書く際にはきちっと参考文献を,論文と同じような感じで記述する必要があります。レポートを書くのですから,自分の意見を書くのはもちろんのこと,その自分の意見を出すに至ったまでの,参考の意見などを,自分の意見ときちっと分けて記述する必要があります。
また,当然,グラフや図があればわかりやすいときには適宜図を入れる必要があります。長々と文字で書くばかりは能じゃありません。読む人にわかりやすいような形にまとめ上げる必要があります。

今出ている授業は多くても20名程度なので,先生も読むのもそれだけかかるのですが,何十人にもなってくると,読むだけでも結構大変でしょう。その中でもちゃんと書いてあるレポートであれば,やはり祭典時の印象が変わって来ます。

まあ,今は特に点数云々はどうでもいいのですが,せっかくレポートを書くのでしたらそれなりの体裁を整えたものを出しておきたいものです。

このように,きちっとレポートを書くということはすなわち論文を書くことにもつながります。なので,レポートとはいえきちっと論文チックに仕上げることが重要ですね

投稿日:

なんでもかんでもAI

しかし,世の中,AIと名のつく製品が増えたような気がします。
AI将棋っていうのは昔からありましたが,その頃からあまり変わっていないのに何でもかんでもAIの冠がつきます。

AIによる株式の自動運用,こんなものはAIがブームになる前からずっとあったのですが,その頃から大して物自体が変わっているわけではないのにもかかわらず,AIの冠がつきます。
しかも中身はAI?って言いたくなるような代物。

いわゆるポートフォリオ理論そのままなのですが,リスクの高い(過去の株価の動きの標準偏差)商品と,リスクの低い商品をどのように組み合わせましょうかというのを,コンピュータで計算するだけ。
しかも電卓でもできるくらいの計算なので,どこがAIじゃ!と全く突っ込みたくなります。

そもそも,株価の予想なんて絶対できないのですから,過去データから計算した結果にどこまでの信頼度があるのかといったところ。それを言いだすと金融工学を全否定になってしまいますが。。

現状でのAIは,分類機として用いられることが多いでしょう。画像認識なんかまさにそれそのもの。文書分類までほぼ同じロジックでできてしまいます。
自動運転は最近,トーンが低くなって来たのですが,これも画像認識の一種であるのでしょうが,あまりのデータ量の多さにさすがに今のハードウエアでは処理しきれないのでしょう。と勝手に思っています。

まあ何はともあれ,そろそろ何でもかんでもAIをつけるのはやめてもらいたいものです。