投稿日:

そろそろバイクの季節

長い冬もそろそろ終わり、段々と気温が上がってきました。
3月も半ばになったのでそろそろバイクが恋しくなる季節です。

数年前までは夏でも冬でも関係なく乗りまくったものですが、段々と寒さに耐えられなくなって冬はほとんど乗らなくなりました。特に今年は大学の授業があるので全く乗れておらず。。
月に一回程度軽く乗る程度でした。まあ、寒いし、近場だと結構行き尽くしていてもう行くところがなかったりします。

最近では年間5000kmも乗るか乗らないかということで、保険も最も安い5000km以下のプランに変更。距離が変わると結構値段が変わったりします。今アクサで4万くらいですか。
そろそろ保険の更新も来そうです。

毎年この時期にはオイル交換をします。オイルはカストロールの10-40。去年買ったときには4000円くらいだったかと思います。安くなりましたね。確か去年はフィルタも買えたと思うので今年はオイルだけにします。オイル破棄用のエーモン ポイパック(廃油処理箱) 4.5L 1604を買うのみで良さそうです。
因みに、アマゾンで買っていると履歴が見れるので、去年買ったものを見れば、フィルタまで交換したかどうかがわかって便利です。年に一回だと忘れますから。

そろそろ授業も年度末なので、終了モードに入っているので土日に暇ができそうです。来週あたりに交換してサクッと回ってくる予定です。

投稿日:

民泊解禁

とうとうと言うか、ようやくと言うか、民泊が解禁されました。早ければ来年から。

民泊、条件付き解禁へ=年180泊上限―届け出や罰則規定・新法案

そもそも、海外では使えるサービスが日本では原則禁止。という制度なのでイノベーション辞退もなかなか起こりにくいのが現状です。黒船来航以来何も変わっていないのかもしれません。

外圧に寄る制度改革が多いということは、それだけ日本の法律に寄る規制が多いということにほかなりません。これでは、何かをやろうとしても原則禁止のもとでは何も新しいことはできないのが現状です。

AirBnBは大学の授業でもイノベーションの課題としてよく出るのですが、特にテクノロジー的には何も新しいことはないが、組み合わせを変えて「普及」させたところが、イノベーションであるということになっています。

会社でもおなじなのですが、成長していくとどうしても規制ばかりを作るようになってしまい、自由度が失われ、新しいイノベーションが怒らなくなってしまいます。
人が増えるとどうしても規制が必要というのが、規制を作る側の言い分ですが本当にそうなのでしょうか?

何れにせよ、新しいことをなにかやるには規制がじゃまになる。これは致し方がないと見るのか、どうかでイノベーションが起こるかどうかは変わってくるでしょう

投稿日:

留学生との交流会

東京サテライトにはいないのですが、JAIST本校には留学生がたくさんいるそうです。実際に本校に行ったことないので知らないのですが。。
研究室によっては日本人より留学生のほうが多いとか。国立大学なのに日本人が少なかったりするのはちょっと残念ですね。

その、本校の留学生との交流会が昨年末に開かれました。と言ってもクリスマスイブの日なのでまあ、参加するのもどうかなと言うことで前回はスルー。
2回めが開催される今回は出ようと思ったのですが、いつの間にか締め切り。。
どうやら縁がないのかな?

まあ、飛び入りで参加しても問題ないはずなので時間が合えば行こうかと。
というのも、留学生はやはり英語。英語の練習にはもってこいということで。

投稿日:

TOEICテストを受けてきた

JAIST東京サテライトでは、TOEICテストを受けることができます。団体受験なのでTOEIC IPテストというもので、現在行われている一般的なTOEICテストとはちょっと違ったものとなっています。

TOEICは昨年の5月に形式が変わったらしく、全体的に点数が取りにくくなった模様です。受けてないのでなんとも言えませんが。。
このTOEIC IPテストはまだ変更前の旧形式のもの、ということでそれほど違和感はありません。昨年の3月にも、公開テストを受けたかと思いますが、ほとんど同じような形式でした。

JAISTではTOEICテストを受けるに当たっての費用は、なんと無料!普通に公開テストをうけると5000円以上かかるのでこれはお得。ということで受けない理由がありません。
受けるに当たってはメールで案内が来たのですがその際に申し込みフォームで応募するだけ。当日受付に行くと学生証を出して、開いている席に座ればいいとのこと。

この受験ですが、どうも申込者の半分くらいの受験者数という感じ。無料で受けられるとどうも簡単にサボってしまうのでしょうか?自分はもったいないのでこういうところでちょっとづつ授業料を取り返すべく、色々と参加しています。

まあ、出来といえばどうなんでしょうか?とりあえず最後の問題まで入ったのですがやはり途中で時間切れ。相当ペースを上げないと厳しいです。文法問題のあたりはサクサクとやらないと絶対に時間が足りません。

特にTOEIC対策をしていたわけでもないので、なかなかうまくいかないのかもしれません。

投稿日:

副テーマについて

JAISTでは副テーマと言って、担当教授以外に違ったテーマでの研究を行う必要があります。石川、東京関係なくやらないといけないようです。

東京はMOT向けの研究をしている人が多く、どちらかと言うと文系より。自分は理系なので、文系的な研究はちょっとあまり良くわからないということと、人を相手にインタビューなどしての研究というのは、ちょっと合わないかなぁと思って避けています。
そもそも、論文にするのだから再現性がないと行けないと思うのですが、文系というか社会科学系の論文ではインタビューや、行動観察などが主体なので、対象が人間、ということは2回めにおなじことをやってもまず同じ結果は出ません。そういう部分にはちょっと疑問があったりするので、個人的にはやるつもりもなかったのですが、副テーマならばやってもいいかなと思ったりもします。

というのも、主テーマとしては絶対やらないので、知識がてらにやってみるというのも有りかなと思った次第で。。しかしながら、いま所属しているのが知識系というどちらかと言うと社会科学系寄りの分野。副テーマは違う分野から選択することが推奨されているので、情報系の分野を取るということになります。石川だとマテリアル系というのもあるのですがこれは材料系であり実験系なので、本校まで行かないとやることができません。

情報系ならばコンピュータがあればどこでもできますのでまあ、こちらがいいのではないでしょうか?そろそろ希望調査の締切だったりするので、決めないといけないのですが、どうするかちょっと迷いどころ。
東京メインの先生について社会科学系をやるか、情報系をやるか。。。。
もう少し考えてみます

投稿日:

有給消化しレポートを書く

最近の授業のラッシュでレポートが溜まってしまいました。
6本ほど。。。。

極めつけは1週間で終了する授業の中で3人の先生1人づつに1ぽんづつレポートを書くというのが辛い。結構面倒なのですよ。仕上げるのは。1つのレポートを長く書くほうが楽かもしれません。

しかも、年度末が迫っているということも有り、成績評価も急ぐようです。自分は10月入学だから関係ないような気もしますが。。。というわけで締め切りも通常の1ヶ月後ではなく2,3週間後というスピード仕上げ。

土日が全て空いているのでしたら全く問題ないのですが、土日がほぼ埋まっている状況だとこれは辛い。。
ということで、有給も余っていることですし、消化がてらにレポートを書くために休みました。とはいえ、別にレポートだけのためではないのですが。

家で書こうとすると気が散るので、いつも近所のスタバに行くことにしています。スタバでドリップコーヒー300円。これ1杯で3時間ほどたむろ。朝7時過ぎに行ったのですが結構混んでいたりします。皆さん早いのですね。

電源は使わないのでどこでもOK。席は適当に座って、急いで仕上げます。別に急ぐ必要もないのですが、まあ気分が乗ったときに一気に書いたほうがいいので。

10時過ぎまで粘って4本のレポートを仕上げて提出。
まだ2本残ってます。。