に投稿

レポートを書き上げる

昨日、所用があったついでに空いた時間でレポートを書き上げました。
溜まっていたレポートは3つ。結構溜まってくると書くのが億劫になってきます。

なんとか時間を取って仕上げます。レポートはメールで提出できるので締め切りギリギリでもいいのですが、まあ、さっさと出してしまったほうが精神衛生上よろしいかと思います。

特にレポートはフォーマットが決まっているわけではないので、表紙を付けてWordで作成し、最後にPDF形式にして、メールに添付して提出。これで終了。
内容は、まあ、適当にインターネットを駆使して調べまくって、参考文献として何個かつけて、あとは適当に自分の意見を付け加えて終了。一本あたり4,5ページといったところでしょうか?

物によっては枚数が決まっていたりしますが、まあ、フリーのものが多いです。内容も千差万別。単なる感想だったりするものや、これを分析せよみたいなのとか。まあ、ちゃんと授業で習った手法を使ってやらないと駄目なんでしょうが、まあまあまあ。。

とりあえず直近のものは全て終了。残りは来月提出のものと、今月2つ授業が終わるのでその分でしょうか。そろそろ授業の単位は全部揃いそうなので、その後はまあ、適当に授業を受けたり、研究したりになるでしょう。

に投稿

そういえば全く休んでいない?

先月の中旬辺りから授業ラッシュで、よーく考えると丸一日休んだということがありません。

土日は学校があるので毎朝ちゃんと起きて電車で通学、平日も会社があるので毎朝ちゃんと起きて通勤。。。

たまには、一日何も予定がなくてのんびりするような日がないとちょっと体がきつくなってきます。特に、授業が1週間毎日行われる日など、夜の10時まで有りますので、週の真ん中あたりになってくるとチョッと体が。。という感じ。

毎日授業があるわけではないのですが、平日は会社に行くわけで、全くという感じでフリーになることがありません。そのせいで、車にもバイクにももう1ヶ月以上乗っていないような。。

買い物にも行く暇なし。

たまにはのんびりとしないと体を壊すので、明日は有給を取ることにします

に投稿

修習技術者ガイダンス2017

先週は修習技術者ガイダンス2017が開催されました。

修習技術者とは、技術士1次試験合格者やJABEE認定校卒業者のことを指し、要は技術士2時試験を受ける資格のある人たちのことを言います。

随分前は技術士1次試験は受けなくともいきなり2次試験を受けて技術士になることができたのですが、10数年前?あたりから1次試験は必ず受けなければいけなくなりました。

1次試験はどちらかと言うと経験ではなく知識を問うもの。大学の基礎数学とか物理とかそういうような内容の試験で、結構計算問題なんかも出ます。自分のときも受けましたが、すっかり忘れているような内容なので一から勉強し直した記憶があります。

ただ、5択なのでなんとかなったりするのですが、ちゃんとした知識がないとやはり駄目です。基礎的な知識+専門領域の5択問題。この専門の問題は情報処理技術者試験と同じような感じなので、情報処理技術者試験の勉強をしていれば十分でしょう。あと、過去問から似たような問題が出るので過去問をやっておけば完璧。

1次試験は合格率も高くそれほどハードルは高くありませんが、必ず受けないといけないのでここで1年が余分にかかってしまいます。

2次試験は記述式ばっかりだったのですが、いつやらか午前に択一式の問題が出るようになりました。まあ、記述式は合計10数枚の現行を読まないといけないので、この択一式である程度ふるいにかけるといった意味なのでしょう。

話を戻すと、修習技術者ガイダンスは1次試験を受かったばかりの人が殆どで、(つまりは合格者の合格証とおなじ封筒に案内が入っているわけなのですが。。。)こういう技術士会の主催するイベントに初めて出るような人ばかり。自分は参加しなかったのですが。。。。

ここでの目的はやはり2次試験の情報を得ることだと思いますが、それがガイダンスの内容で役に立ったかどうかはちょっとわかりません。

何れにせよ、ここで人脈を作ってその後いろいろな技術士会の主催するイベントに出ることで、自分を奮い立たせるということになればいいのかもしれません。

に投稿

バイクでこの時期は河津桜

大学に通いだして依頼全くバイクに乗れていないのですが、やはりこの時期のメインイベントは何と言っても河津桜でしょう。

いままで何回か行ったことあるのですが、結構混雑します。特にいずということも有り暖かいので、バイク乗りにとってはなかなかいい目的地となります。
山の方向に行くのは、路面が凍っている可能性があるので全くおすすめできません。特に、道志みちの山伏峠や三国峠なんかは積雪していてもおかしくないくらいの時期ですので。

河津桜は今週末辺りから開催されるみたいですが、まだ最初のうちは全く咲いていないでしょう。ただ、今年は結構暖冬だった?というか季節外れの暖かい日が多かったせいも有り、意外と早く咲くのかもしれませんが。。

いつもは2月末あたりの最終土日が結構混雑します。バイクというよりは車が多すぎて、伊豆の中央部から行くとループ橋を超えたあたりから渋滞模様。バイクと言えどもすり抜けは結構厳しいくらいの道の細さなので、行くのならば早めに行く必要があります。

意外と伊豆の先端近くまで行くと結構な距離があるのでそのあたりも考慮する必要がありますね。伊豆スカからはそこそこ離れているので下道の渋滞状況に影響されます。

河津桜祭りが開催されているので屋台なんかが楽しめます。また今年も機会があったらいきたいですが、どうやら土日はほぼ埋まっているので無理かも。。

に投稿

レポートの話

大学では授業の終了時などにレポートが課題として課されます。

社会人大学院はほぼレポートによる評価。たまに、レポートすらないのもありますが、その場合には授業内のグループ学習の発表で評価されたりします。これは楽ちん。
レポートがなぜ課されるかというと、やはりこれは、大学院だと最終的には論文を提出するのが目的であり、論文を書くために練習のためにレポートを出すというのが意図だそうで。。

そのため、レポートもきちっと論文形式にするのが吉です。ちゃんと参考文献をつけたり、序論、結論をつけたり、一通りの論文の体裁を整える必要があります。

たまに、感想のみという授業もありますが、まあ、それもご愛嬌。

あと、もろ理系的な授業などはレポートではなく、計算課題などや最終期末試験などがあるようです。こちらのほうがどちらかと言うと馴染みがあるタイプですね。

まあ、いずれにせよ論文を書くための練習課題としてのレポートは悪くありません。そのうち英語で書けというのも出てくるのかもしれませんがそれはそれでいいことでも有り悪いことでもあります。ちなみにDoctorは英語の論文を提出する必要があるので避けては通れない世界だそうで。