投稿日:

互換pickit3と怪しげな書き込みアダプターを使ってみる

Pocket

最近ebayでいろいろな電子工作部品を買っているのは、前述ですが、PICKITでようやく各環境が整いました。

機材

書き込みボード
pickit3
Pic16f1823
PIC用基盤

経緯

最初、Arduinoを触っていたのですが、PICという小型のマイコンがあることを知る
早速ebayでPICKIT3と書き込みボードを買う。これ2つで2000以下。安い
picもついでに買う、2個で200円程度。これは日本で買ってもそれほど変わらないかも。送料分得している
PICが届くもDIP化する必要が有ることに気づき基盤を発注。100円
そのうち、書き込みボードが届く。
しばらくして、PICKIT3も届く。
基盤も届き早速テスト

はんだづけ

PICのピッチがすごく狭いのでハンダ付けには非常に苦労しました。もともとそれほど得意でもないので。
もう少し先が細いハンダゴテが必要かもしれない。

LED回路

全く理解していない初心者なので、PICの型番とLED回路のキーワードでググる。
こちらのサイトを参考にさせていただく。

最初は全くわからないので、上記のサイトのとおりに配線しながらPICKIT3でカキコ。
無事動く!!

ちょっと感動

書き込みボード

どうせなら書き込みボードを使ってみたい。でも説明書が一切ない。
ボードの裏に謎の書き込み。。。。
どうやらジャンパーピンのセット方法が書かれているようなのですが、これがまったくもって不親切

こんな感じで書いているのでなんとなく心眼で読み取りジャンパーピンをセット
J1を2番めに、J2-J8は右側にセット

差し込む部分の基板上に8PIN/14PIN/20PINとか書いているので、そこを先頭にPICをセット
これで書き込んでみると、見事書き込めました。

まとめ

中華製互換キットや書き込みボードはちゃんと使えます。安いので、時間がある人はこちらで調達するのも一つの手でしょう。
船便でも2−3週で届きます。