投稿日:

多能工はシステム開発にも生きる

メーカの工場では多能工という考え方があります。

多能工とは一人の作業者がいろいろな工程を担当するやり方です。製品全てもしくはパーツ全てを一人が工程を変えながら担当していくということで、非常にスキルが高い作業となっています。
このメリットとしては、いわゆる単能工とよばれるライン作業者のように単調作業を朝から晩までやるということではないので、仕事に変化があり、やりがいが上がる、また、それゆえ自分で工夫をするように考えるようになるというメリットがあります。また、多能工だと、その製品が終了してしまったとしても、いろいろなスキルがあるので他の部署へもうつりやすいということもあります。

実は、この多能工を育てるのは非常に難易度が高く、それなりに能力の高い人でないとなかなか多能工として育って行きません。

昔いた工場では、多能工の工程と人をクロス表にして、星取りみたいな感じで、それぞれの人のやる気を出させるような感じで運用していました。表にしとけば、他の人が見ても一目でわかるので、便利です。

これの考え方は当然ソフトウエアの開発においても当てはまります。

今の主流としては、サーバサイドとクライアントサイドで通信しながらのシステムがほとんどだと思いますが、サーバサイドとクライアントサイドの開発方法は全く思想が違うので、サーバだけのことを考えたり、クライアントだけのことを考えて開発するといいものは作れなかったりします。

これらをうまくやるためには、サーバとクライアントを両方作りながら一つに仕上げていくという能力が必要になってきます。これがまさに多能工の考え方です。当然、サーバとクライアントでは使う言語も、アーキテクチャも異なりますので非常に高いスキル、また、サーバサイドだと、アプリケーションだけではなく、ミドルウエア、時にはハードやネットワークにも精通している必要があります。

これらをふまえると、これ(言語)しかできないというような人はなかなか厳しい状況になってくることは間違いなし。
また、クライアントサイドは最新の技術を用いる必要がありますので(クライアントの技術は本当に日進月歩、10年前にはなかったスマホがいまではWebでは主流)、かなり勉強が必要となってきます。

こういう意味でも、多能工は開発製造現場での標準スタイルとなっていくでしょう

投稿日:

これからの時代の生き方

これからの時代、働き方は随分と変わっていくでしょう。
これだけインターネット環境が揃い、世界中がつながる。仕事のほとんどはPCで完結するような仕事。
だとすれば、なぜ、毎朝定時に会社まで出かけて、定時になると帰る。たまに残業。その繰り返し。

まるで、機械のようです。チャップリンのモダンタイムズという映画がまさにこれを表していたのでしょう。
そろそろ考え方を切り替える必要があります。

工場にしても昔と違いほぼオートメーション化が進んでいて、無人の工場なんかも結構あったりします。まあ、無人と言ってもそれを監視する人などはいますので完全に無人ではありませんが、この監視する人も今後は人工知能によって置き換えられていくことも可能でしょう。
単純作業のようなものはコンピュータが一番得意とすることであり、これを人間がやるのは勿体無い。
例えば、単純作業でも難しいもの、例えば、洗濯物をたたむことなんかはそれに当たるかもしれません。でもこれだけ周辺技術が発展してくると、画像認識技術や、IoTからの学習により着実に自動折りたたみきという分野は進化していくでしょう。実際に、先日、洗濯物折りたたみ機が発表されました。
これは、人間の単純労働をどんどんと置き換えていく、その手始めとなっています。料理ロボットもできてきているみたいですし、本当に人間のやることがなくなってくるのかもしれません。

ただ、人工知能と言っても、過去の大量のデータの上に成り立っているものが多いので、全くデータがない世界に関しては、人工知能が一から入っていくのはちょっとまだまだ先なのかなと思ったりします。

ちなみに、新しいものの発明には、TRIZという手法が有効ですが、これも機会が学習していくと今のある技術やものの上にTRIZをかぶせていけば、人工知能も新しい発明ができるのかもしれません。

人間としてどうやって生きていくのか、働き方を変えていくのかということは常に意識する必要がこれからの時代に求められるのかもしれませんね

投稿日:

IoTに一歩近づく

少し前のことですが、理科教室向けになにか面白いものがないかと探していたところ、RaspberryPiを使ったIoTもどきのものが作れそうなこのサイトを見つけました。

こちらのサイトでは、市販製品を組み合わせてスマホで操作するタミヤのラジコンの作成方法を詳しく解説してくれていて、全く電子工作がわからない自分でもなんとか組み立てることができ、動かすことができました。

電子部品は知る人は知る秋月電子で全て揃えることができるので、自宅にいながら全ての部品は入手できます。組み立ても、半田付けが必要なのですが、昔少しやった程度でしかないのですが、なんとかなるものです。

こちらの製品は、インターネットを使っているわけではなく、組み込んだRaspberryPiをWebサーバとして、スマートフォンからHTTPアクセスするという仕様。間にWifiルータが必要となります。

これを改造すれば非常にいいIoTの入門用製品が作れます。インターネット上にサーバを用意し、そのサーバ上でラジコンの動く経路を返すWebサーバAPIを作成し、RaspberryPiをクライアントとしてそのインターネット上のWebサーバと通信し続ければ、Wその通りに動きます。
Webサーバへの経路の登録には、別にAPIを作成し、スマートフォンからインターネット経由で書き換える。これで完全なIoTの実験場。Webサーバでリアルタイムなフィードバック制御を行うプログラムを組んで、それを経路情報に反映させれば無人運転も可能。地図を組み合わせれば完璧です。

こんな感じで、まずは他者の作成したものをそのまま作成して、それを改造する。新しい発明の基本に忠実にいきましょう。

投稿日:

ことわらない、引き受ける

いろいろなグループに顔を出していると、いろいろ頼まれごととかされたりします。
自分の場合には基本的には全て引き受けることにしています。なぜかというと、
断る理由もないから。

面倒だとか、忙しいだとか適当な理由を付けて断ることはできるのですが、断ることによるメリットよりデメリットの方が圧倒的に多いです。

例えば、役員という名の雑用係。実は結構面倒だったりします。毎月グループとして集まり、何かする際には、講演とかワークショップとかするわけですが、その後援者を集めるのが意外と手間がかかる。
例えば技術士だとそれぞれの方がいろいろな専門技術を持っているので、その講演をしてもらいたいのですが、意外と見つからなかったりします。とはいいつつ、実際に引き受けてもらうとしゃべるしゃべる。みんな実は喋りたかったのか?と思うくらいだったりします。

エンジニアのひとつの使命にはアウトプットを出すというのがあるのですが、講演なんかもその一つ。声をかけていただければ積極的にやっていくほうがいいと思います。まあ、プレゼンの練習にもなるので小さいグループで徐々に慣らしながらやっていくのがいいかと思います。

投稿日:

どんどん真似をしよう

技術分野だと、過去の技術の上に成り立って新たな技術を開発する、ということがほとんどかと思います。
TRIZも全く同じ考えで、特許の中から一連のパターンを見つけ出したということは、新しい特許も過去の特許の↑に成り立っているということになります。

さて、情報工学分野においては真似をすることが非常に簡単です。特にソフトウエア、これはオリジナルのコピーがあっという間にできてしまい、それを元に改良を重ねていくということが簡単にできます。
とくにオープンソース文化が根付いてきている昨今ですと、非常に良質なソースコードがいとも簡単に手に入る。またライセンス的にもそれほどきつくもないものもだんだんと増えてきました。

やはり、商用利用で開発している人がほとんどでしょうから、オープンソースのゆるいライセンスは、情報工学の技術発展に非常に役立っていることかと思います。

とある調査(出典はちょっとわすれた)では、ソフトウエア開発者の行動を調べたところ、実際に新しいコードを書くという行為は2、3割だとか。残りは既存のソースコードを読んでいる時間だそうです。読んで、真似して、改良し、新しいものを作っていく。これが主な流れになります。

情報工学に限らず、他の分野でも他社の製品をリバースして確認するなんていうことは普通にやっていますので、ブラックボックスにするよりは特許で押さえて後悔するというのが一番いいやり方なのでしょう。

オープンソースの出で立ちや苦悩についてはこのあたりに非常に興味深く描かれています。

やはり、エンジニアたるもの外に発信するというのは非常に大事なことなので、機会を見て情報発信し続けることは非常に大事でしょう。また、自分の作ったものを真似してくれる、これも大事です。
論文などでは被引用数がその論文の勝ちなのですから。

投稿日:

ホリエモン伝説のスピーチに共感

先日、Facebookのタイムラインで流れてきた、ホリエモンの近大卒業式でのスピーチ、見入ってしまいました。

旧来型のビジネスモデルは崩壊し、それに気づいていない人が多い。今を一生懸命生きろ!という激励。
まさに、目から鱗が落ちるような気がしました。

従来型の会社、ビジネスといえば、特に日本企業では会社に毎日出社し、チームで仕事、他の人とまあ、なんとなくという感じでの仕事。横並び意識。
人事評価制度なども横並び。
それでは、尖ったものはできません。これからの時代には旧来型の大規模大量消費、規格化などではなく、多品種少量生産型。規格化とは全く逆の方向であり、個別化が進んでいくでしょう。

技術の進歩もそれを後押しします。3Dプリンタなんかがいい例です。3Dプリンタは大量生産でなければコストダウンできずに生産できなかったプラスチック製品なんかを、少量でいとも簡単に作成できてしまう。これはすごいことだと思います。

例えば、スマホのケース。プラスチックでできたものも多いですが、今までだと金型を作成しプレス成型で作るという工程を経ているので、とてもじゃないけど数個から数百個の規模では元が取れません。これが、3Dプリンタだと1個から生産できてしまう。なので、世界で唯一のものも簡単に、安く作成できてしまいます。
これは、非常に大きな変化で、たった一人でも3Dプリンタさえあれば、スマホケースメーカになれてしまう、素晴らしいことだと思います。小さなベンチャーが増えれば当然、製品においても個別化がいとも簡単に進んでいくことでしょう。販売ルートは従来でしたら問屋、小売との折衝があったでしょうが、いまはAmazonで簡単に出品できてしまいますのでこれにおいても心配することはありません。

こうなってくると、企業という形態がだんだんと変化していくこと間違いなし。いままでは全員シャイとして雇われていたのが、これからは、すべての人がプロフェッショナルとなりギルドー的な会社としての形態になるということも考えられます。

話をホリエモンに戻すと、やはりチャレンジすることが大事だと言っていました。これだけインターネットや技術が進歩していくと、チャレンジする環境も簡単に整うので、あとはやるだけ。ということになっていくでしょう。
ただ、まだまだ過渡期であることなので、頭の中の変化がついていかない人も多いでしょう。なので、これから社会に出てくる次世代の人に対して、あれだけの熱い思いを語っていたのかなと思ったりします。

15分程度の動画で多少長いのですが一見の価値はあります。

投稿日:

プレゼンテーションは重要

プレゼンテーションといえば、かのスティーブジョブスですよね。彼のプレゼンは内容もさることながら、発表方法、間合い、抑揚が素晴らしく、人々の印象に残るプレゼンです。

さて、エンジニアには学会発表や講演会など発表する場が大小それぞれたくさんあることだと思います。発表の場がないという人は、実はエンジニアの重要な役割である、アウトプットができていないということになります。要は仕事だけしていればいいというわけではなく、自分の成果を他者に伝えるということが重要なのです。

技術というものは、過去からの積み重ねで成り立っていますので、過去の知識を得て、それに自分なりのオリジナリティを付け加えてそれが自分の技術の成果となります。この自分のオリジナルという部分に付加価値が含まれています。

毎日5分ビジネス英語というポッドキャストで聞いた話ですが(このポッドキャストは英語だけではなく取り上げる内容が多種多様に飛んでいて非常に英語以外についても勉強になります)、大前研一氏曰く、自分しかできないことが仕事であって、誰でもできることは作業だ。だそうです。
まさにその通りかと思います。仕事は付加価値をつけること、さらに自分で帰化できないことになると、自分の付加価値も上がります。

ちなみに、プレゼンですが、実はいわゆるホワイトカラーだけに要求されるものでもなく、ブルーカラーの方々にも必要なのです。工場などでは必ずQCサークルという活動が行われており、これの改善結果の大会なども行われているので、その場でのプレゼンがどうしても必要になります。

要はプレゼンをすることは社会人に取っても必須だと言えるでしょう。たまに、自らはプレゼンをせずに、人(部下)にプレゼンをさせていその批評のみをする人とかいますが、そのような人にはあまり評価されたくもありません。まあ、質問なんかも明後日の方向を向いた質問が多いですし。。

プレゼンの上手い下手は回数を重ねていくうちに、だいぶ改善されるかと思います。特に人のプレゼンを見るのは非常に勉強になります。個人的に印象に残るプレゼンの3要素はこんな感じかと思います。

    • わかりやすく
      ユーモアを交え
      印象に残る言葉
  • 最後に聴衆者から写メ(写真メモの方ね)でカシャっと取っていただけるようなプレゼンをしたいものです。

    投稿日:

    女性エジソンのお話

    先日、縁があってソニーの女性エジソンと言われたSさんの講演を聞いてきました。
    入社当時はまだ男女雇用機会均等法の前ということで結構苦労したそうです。

    発明家らしく、エンジニアからの視点でのお話であり、どのようにビジネスを作るかという視点からのエンジニアリングという感じでした。さすがに、いろいろなところで講演をされているので非常に話がうまく面白い。引き込まれる感じであっという間の30分。
    非常にためになりました。

    現在では独立されて、新たなものを独自の観点から発明されている。女性の視点という部分で非常にアッと思うような作品を作られていました。まだまだ現役エンジニア。
    彼女ももちろん技術士です。

    余談ですが、ソニーには非常に優秀な発明をした人には報奨金がでるそうで、1000万の賞を2回とったと言われていました。これくらいの報奨金制度があるとかなりエンジニアにはやる気がでることでしょう。またそれによりいい人が集まってくるのは間違いない。
    中途半端な資格取得報奨金や特許出願報酬なんかはやめて、これくらいのインパクトのある制度を作れば活気が出るのかもしれません。

    技術士といえば生涯現役エンジニアであり続けることが重要なのかもしれません。エンジニアには常に最新技術について学習しつづつけなければいけません。
    特に情報工学分野ですと10年1昔どころか、2、3年前で一昔前です。

    ソフトウエアの実装技術しかり、データマイニングなど基礎技術にしかり、ものすごい勢いで進化し続けています。
    現在、社会インフラなどだんだんと電子化されていき、ハードからソフトへの移行が進んでいるところです。(紙から電子ファイルというといいたとえでしょうか?)
    この流れはまだまだ続いていくのは間違いありません。産業構造がハードからソフトへとシフトしていくにつれて、人々の職業形態も変わっていくでしょう。

    それはさて置き、時代が先に進んでいくにつれて、人々の生活も多様化していくにつれて、サービスも多様化。そうなると何を作るかという発想力が非常に重要。エンジニアに求められるものは、技術だけではなさそうです。

    投稿日:

    AWS Summit 2016に少しだけ参加してみる

    AWS Summit 2016が今年も開催されています。今日まででしょうか?
    場所は品川の高輪プリンス。いい場所使っていますね。飛天の間も借りているそうでここは別件で見積もり取ったことがあるのですが、借り賃、ものすごく高いです。さすが儲かっている企業は違います。

    基調講演を聞いただけなのでほとんど見ていないのですが、まあ、まあ、まあ、といった感じの講演でした。。。スマートニュースのAWSの使い方を聞けたのが一番の収穫かもしれません。

    昨年も参加したのですが、最終日?だったか忘れたのですが、大前研一の講演を聞いただけ。普通のセッションを聞いたほうがいいのかもしれませんが、導入事例をいっぱい聞いたところでまあ、どうでもいいかっていう感じになるので、とりあえずあまりAWSに関係なさそうな基調講演を聞くことが無難かなと思っています。

    今年の基調講演はAWSの新サービスなどの紹介ばかりでしたので、あまり聞いていても面白くなかったかもしれません。同時通訳っていうのが売りだったのかな?

    昨年は夕方からの参加だったので知らなかったのですが、ランチ券が付いてきました。助六寿司とお茶のセット。600円くらいでしょうか?
    ただでもらえるのは非常にありがたかったですが、食べるスペースが近場ではほぼ満席。飛天の間も食事スペースとして開放していたそうですが、遠かったのでいきませんでした。だだっ広いところにぽつぽつの人が目に浮かびます。

    各ベンダーのブースもあったのですが、ビックサイトほどの規模でもなく、まあ、おまけ程度に開催といった感じでした。導入支援とか聞いても仕方がないのでこちらもスルー。

    で、アンケートを提出するともらえるお土産は、iPhoneのスピーカーセット、といっても紙コップで作るようなやつなので本当におまけ程度でした。ちなみに去年はマグカップ。
    まあ、ただで聞けてお昼ももらえて、お土産つき。ぜんぜん問題ないでしょう。

    投稿日:

    景気ウオッチャー投資法なるもの

    仕事柄、株式関連の技術についていろいろ調べているのですが、従来の定量データ(経済データ、テクニカルデータなど、数値として表されているもの)だけでは、なかなかうまくモデルが組み立てられないのが現状です。
    通常、金融工学などと聞くと、すごい数式を使って、株価なんかを予測するのだろうか?というふうに思われたりしますが、予測というものはそれほど盛んに行われてるわけでもありません。

    最近では、金融と情報技術を組み合わせてFinTechなどと言われていたりしますが、これはコンピュータのずいぶん初期から金融系にはコンピュータが入り込んでいたので、それほど新しい観念でなかったりもします。
    そもそもインターネットが流行りだした頃に真っ先にWebでサービスを始めたのが金融系だということを忘れてはいけません。株式売買手数料自由化に伴い、ネット証券が今までの大手証券を凌駕しましたが、これももちろんFinTechだと思います。

    話を戻すと、株価などの予測はできることに越したことはないので、様々な研究が行われていますが、所詮人間がモデルを組み立てているので、自分が考えることと真逆のことをやる人も当然いるのでなかなかうまいモデルというものは作成できないのが現状です。

    どちらかというと、最近では、そういう予測云々ではなく、高速取引という手法で、間隙の隙間をついて鞘を抜くという手法が主だったりします。実際東証の取引注文の70%は機械からの自動売買だということが東証から発表されていますので、最近での株式取引でいわゆるデートレードという部分に関しては、機関投資家が費用をずぶずぶにかけて、高速自動取引で儲けていくという形になっています。
    そうなってくると、どれだけ情報を早く得て、注文を出すかという部分が重要になってくるので、いかに東証との開戦を太くするとか、近いとろこにするとかというようなことが重要視されてきていたりします。もう金融工学とかの世界じゃないですね。

    表題の景気ウオッチャーというのは内閣府が毎月、有識者というか一般の人に意見を聞いて、景気が今どうか、将来どうなるかという意見を指数化したものです。これを使って取引をするという試みも行われています。

    この本を読んだのですが、2010年までの結果を書いていますが、その期間までの実績はいい感じに勝てるロジックになっています。これをもとに2010年以降検証してみました。

    結果としてですが。。。。
    どうも2010年以降この本に書かれているロジックでは勝てないという結果が。。。
    2011年1月から2015年12月までのシミュレーション結果

    そうそううまいモデルは作れないということと、古いデータで作成したモデルはいつまでも使えないということでしょう。

    ただ、このデータは面白いのでもう少し調べてみることにします