投稿日:

EvernoteからOneNoteへの乗り換え

Pocket

昨日のEvernoteの改悪の件で、たくさんのブログ記事などが出ていました。実質的な値上げ等こともあり、批判的な意見も多いのですが、無料のサービスで広告も出ない非常に優れたアプリ、これを無料で使わせていくれているだけでも非常にありがたいことです。

個人的には、端末台数が足りないので乗り換えることにしたのですが、有料にするという選択肢もあったかと思います。ただ、有料にしたところでそれほどメリットを享受できないだろうという判断でOneNoteに乗り換えました。

乗り換えツール

EvernoteからOneNoteへの移行ツールはMicrosoft社が配布しているこのソフトウエアを使います。
ここで、このソフトウエアですが、Windows専用とのことで、Macユーザの自分にはそのままでは使うことができません。
Parallelsを念のために入れているのですが、それが役に立つ日がやってきたようです。

インポートについて

なお、Windows用のEvernoteをインストールし、アクティベートしておく必要があります。
インポートツールは起動し、Microsoftのアカウントを入力するだけであとはぽちぽち通すだけで、インポートを自動でやってくれます。

ここで一つ注意ですが、OneNoteをすでに利用していた場合、同じ名前のノートブックがEvernote側にあるとEvernote側のノートブック名が

こんな感じに変換されてインポートされていしまいます。

同じ名前になるものに関してはあらかじめノートブック名を変更しておいたほうがいいでしょう。

ノートブック名変更

自分の場合には、知らずに同じ名前のノートブック名があったので、かぶってしまいました。
その変更方法ですが、こちらの方法ですと、どうもクライアント側でエイリアス的に名前の見え方を変更しているだけのようですので、使うデバイス全てでこの作業が必要となってしまいます。

それが面倒な場合には、OneNoteのフィアルの実態はOneDrive上にありますのでそちらのファイルを変更する必要があります。こちらの手順に沿って変更していきました。

変更後の感想

OneNoteがEvernoteと大きく違うのが、OneNoteがメモ帳的にテキストファイルを記録していくような感じのものに対し、OneNoteはパワーポイントのキャンバスが無限に広がっているというような感じで、テキストや図形を好きなように配置できる仕様となっています。

こちらもなれると使いやすいのでしょうが、一点心配なのが、テキストファイルベースではないこと。
テキストファイルでないと、他のものに移行する場合に不可能となります。また、OneNoteがなくなってしまった際には悲惨な目にあうでしょう。その点テキストベースですと、どこでも開ける。
エディタさえあればいつまでたっても使える、これが一番です。

以前、学生時代に作ったファイルはMacのとあるアプリで作ったものですが、こちらのアプリは現在では見る影もなく消え去ってしまい、今ではもう開くことができません。

その点でもテキストファイル、もしくはXMLでもいいのですがそういう形でエキスポートできる機能が欲しいですね。