投稿日:

情報処理技術者試験が近づいてきました

春の情報処理技術者試験が再来週の日曜日と迫ってまいりました。若い頃は情報処理技術者試験といえば、一生懸命勉強し、机に向かって書き書きしながら、暗記しまくっていたいような気がしますが、最近では、実務経験から結構知識もついてきますので、あまり勉強もすることもなく受験することが増えました。

この業界にいる以上、情報処理技術者試験はお祭りごとみたいなもの。知り合いの方々もだいたい受けているみたいです。中には既に取得済みの資格にも何回もチャレンジする方もいらっしゃいます。論文系の試験だと結構疲れるので体力がいるのですが、そこそこお年を召した方も果敢に受けているのを見ると、自分も頑張らねばと思ってしまいます。

中にはすべての情報処理技術者試験を受かっている人もいるみたいですが、全部揃えるのは単なる趣味なのか必要に迫られてなのかちょっと分かりかねます。自分の場合には興味の有る試験を受けるというスタンスでやっています。
特に業務に使う!なんてことを意識する感じで受けるのではなく、まず、試験に受かることがその業務への第一歩なのではないのかな?なんていうふうに思ったりします。
そもそも業務経験がなくても、高度情報処理にも受かったりしますので。
ある意味、論文なんかは、山が当たれば丸暗記でも全然受かったりしますので。

逆に、面接のある資格試験の場合にはこれは効きません。話すことで、化けの皮が剥がれてきます。特に技術士試験なんかは、何回受けても落ちる人がいるように、本当にその技術に精通していないと、面接で、ちゃんとした受け答えが出来ないのですね。まあ、技術士自体がコンサルタント系資格なので、独立技術士になった場合には顧客へのコンサル、面接受けているようなもんですかね。

話は戻って、もう残り2週間を切った、春の情報処理技術者試験。全く勉強しないで行こうかなと思ったのですけど、まあ、少しくらいは、ということで電車の中で問題集の解答を見る!という作戦で、2週間ほどかるーくベンキョしていこうかなと思っています。まあ、特に落ちてもいいかっていう軽い気持ちで受けるのが長く続ける秘訣ですかね。

投稿日:

Society5.0ですね

2016年1月、第5期科学技術基本計画で打ち出されたSociety5.0。あちこちのセミナーなどに参加するとこのキーワードをよく聞くようになりました。なんだかドイツのIndustory4.0に対抗するキーワードだとか。ドイツが4なので5を採用したという話だそうです。本当だかどうかわかりませんが。

第5期科学技術基本計画

普通に仕事をしていると、こういう政府の戦略などはあまり意識しないかもしれませんが、これは是非意識する必要があります。なぜなら、この基本方針にのっとって予算がつく、すなわち、公官庁絡みの仕事が降ってくるという構図になります。というようなゲスな話ばかりでもなく、こういう基本方針を指し示すことにより、業界自体がまとまりがつくといったところが一番の大きなところなのでしょう。

先日参加した情報処理学会でも当然この話題がセッションとして話されていました。Society5.0は資料にも書かれていますが、世界に先駆けた超スマート社会の実現ということになります。どういうことかというと、要はネットと現実を融合しましょうということなのでしょう。一昔前に言われていたユビキタス何てキーワードと似ているのかもしれません。ちなみに、超スマート社会ということは当然、ITの力が大きく効いてくることになります。最近話題のAIはもちろんのこと、このAIの基礎技術となるビックデータ解析などもキーワードの一つです。また、IoTも最近流行りのキーワードですが、こちらに関しても当然超スマート社会には必要不可欠です。

情報処理学会で言われていた内容ですが、この超スマート社会を実現するためのAI等の基礎技術はもう既にアメリカ企業(A,A,F,Gといっていたっけ?)が先行していて、日本企業がいまされこの部分に突っ込んでいくのは無理!何てことだそうです。それよりも日本としては、ものづくりが得意=品質がよい、という部分を生かして、モノの方から進んでいけば、まだ勝算はある!何てことを強調されていました。

いずれにせよ、日本復活の兆しとしての、モノとネットの融合=IoTはこれから注目する必要がありそうです

投稿日:

Hatena blogから移行してみた

2、3年前からはてなブログにちょこちょこ書いていたのですが、せっかくですのでこちらのサイトに引っ越してみることにしました。

ちなみにはてなにははてなブログとはてなダイアリーの2種類があるのですが、こちらは使い分けています。はてなダイアリーは技術系の事柄、主にプログラムコードなんかを載せています。普通のブログと一緒にすると何だか見にくくなるので分けることにしています。

今回ははてなブログの方を引っ越してみることにしました。こちらのサイトを参考に

はてなブログからWordPress(ワードプレス)へ移動の方法

とは言っても主にやったことは、エクスポートとインポート。あとははてなブログ側の設定のみです。

まず、はてなブログから「ダッシュボード」→「設定」→「詳細設定」→「記事のバックアップと製本サービス」→「ダウンロード」でテキストファイル形式に保存

WordPress側で「ツール」→「インポート」→「Movable Type and TypePadでインポート」でインポート。特にリンクの修正などはしていません。なので、はてなブログで勝手にキーワードをリンクされているものはそのままついています。インポートはそこそこ時間がかかりますので(100程度の記事で数分)気長に待ちましょう

最後に、はてなブログの設定です。「設定」→「詳細設定」→「検索を避ける」で検索エンジンからのインデックス化をブロック。そのうち消えるでしょう。あとは「headに要素を追加」でこんな感じに追加

[html] <link rel="canonical" href="http://utsubo.tokyo" >
[/html] とりあえずこれくらいでうまくできました。

投稿日:

GoogleAdsense

GoogleAdsense、登録しようと何回かチャレンジしてみました。

ドメインを取った後、トップページにHELLOの文字だけ作成。アパッチが立ち上がっているので自動的にそのページが表示されます。

GoogleAdsenseはGoogleのアカウントから簡単に申し込めます。URLを記入してポチッと。すぐに受け付けましたのメールがきます。

しばらくし、Googleからのメール。サイトとして文字が少なすぎますとのこと。まあ、まだ作ろうかと思ったばかりですので。

再度、フリーのデザインテンプレートを用い、1枚もののページを作成し登録してみてもダメ。どれくらい文字の量がないといけないのかちょっとわかりませんが、不正的なものを排除する仕組みが入っているのかもしれません。

もう少し充実したらチャレンジしてみますか

投稿日:

サイエンスアゴラ2016申し込み始まりました

サイエンスアゴラ、ご存知でしょうか?

実は自分も去年まで知らなかったのですが、昨年、ひょんなことから提供する側で参加させていただき、こられる人々の科学への関心の高さなどを肌で実感できました。

特に子供達が多く、目をキラキラさせていて、まだまだ日本の科学技術も捨てたもんではないのではないかとちょっと嬉しくなったものです。去年は既に申し込み済み、採択済みの企画にとちゅから参加させていただいたので、特によくわからないまま当日を迎えたのですが、今年は企画から参加させていただくことにしました。

参加するグループは技術士会のグループであり、皆さんエンジニア出身。ということで、発案にせよ何にせよさすがというくらいのものであります。今年の開催は11月の頭。既にホームページでは申し込み受付が始まっています。どれくらいの競争率があるのか知りませんが採択されるのは結構難しい模様です。

昨年は流行りものの3Dプリンタを使った展示物が多かったのですが、我々のグルーウは皆さんに工作してもらうというコンセプトなので、それほど大それたものを提供することはできません。しかし、自ら手を動かして工作してもらうことにより、科学技術の基本的な原理を理解してもらおうという形の提供を目指しています。

自分も企画させていただいているのですが、情報工学部門の人間には工作系のものがちょっとよくわかっていません。とはいいつつ、webで調べたり何なりと、最近はやりのIoTもいいんじゃないか?何て悩みつつ、1個500円以下でできるものを試作しています。

最初はラジオがいいかな?何て思ったのですが、以外と機材が高く500円で作成できたとしても微妙なものだったりすることがわかったので、方向転換することにしました。

何はともあれ、グループでの決定と申し込みはもうすぐそこまで迫ってきたので、そろそろ本気モードになります。

投稿日:

バックアップの重要性

このサイトを作成するにあたって、ずいぶん前から運営していた同窓会のページを移行しようかと思っていました。たぶん1997年くらいに作成し、その後ずーっと放置的に、たまに更新などして、運営サイトを乗り換えつつ、細々とやってきていたのです。

Facebookが流行りだしてからは、堂々会の連絡の主戦場はそちら側に移り、全く機能していないんだろうなと思いつつ、まあいいかという感じで放置していました。

最後に使っていたサイトはFC2の無料サイト。PerlのCGIで作成したWiki形式のものだったのですが、つい最近確認したところ、なんと、消滅。。。

写真とか結構載せていたのですがすべてなくなってしまいました。以前は豆にバックアップを取っていたのですが、自宅PCを買い替えたりしているうちにだんだんと面倒になり、最後にバックアップしたファイルもどうやら削除してしまった模様。。。

ということで綺麗さっぱり無くなってしまいました。ガックリ。。。

重要であろうがなかろうがやはりいつか必要になりそうなものはしっかりバックアップしとかないといけませんね。

投稿日:

自己紹介について

自己紹介ってほどのものでもないですが、現在ではIT系のエンジニア。

IT系と言ってもかなり幅が広いのですが、世間一般ではひとくくりにされてしまっているようです。ITSSの定義で言えば、現在は11種類あるみたいです。例えば自社で運営するサイトのシステム開発なんかで言えば、企画〜設計〜開発〜運用といった仕事の流れが普通であり、それぞれのエキスパート分野の人がリレーのように仕事を回していくといった形になっています。

その流れをすべて一人でやろうと思えばできなくもないのですが、規模が大きくなってくるとまず無理、それぞれの専門家が分担することになります。

ここで規模が大きくなればというところがミソで、規模が小さいうちには一人ですべてできてしまう、これがIT系と他の業種との大きな違いかと思います。なので、IT系では一人のスーパーマンが何人もの人々の仕事を一人でこなせてしまうという不思議な世界になっています。

 

話がずれてしまいましたが、IT系の仕事をしているのですが、どちらかというと小規模のシステムを上流から下流まで、ゆるふわにやっている、といったところが現在の感じです。

 

投稿日:

タイトルについて

「なんかすいてた」

どこかで見たことありませんが?キーボードをじーっと見てください。

そう、Uから左に向かってQまでのひらがな。

なんかすいてた

偶然でしょうが意味がありますね。

というわけで、何の意味もないようなことなんですがちょっとくらいは意味があることを綴っていこうかと思います