投稿日:

近未来、遠い未来、行ってみたい時代

Pocket

今週のお題「行ってみたい時代」

行ってみたい時代というお題ですが、バックトゥザフューチャーの影響でしょうか?パート2の未来へ行く話で、主人公のマーティーが到着したのが2015年10月21日ということで、若い頃に見た映画の舞台の時代になってしまいました。

映画ではSFの世界のような2015年でしたが、まあ近いような遠いような感じですね。一番の印象に残ったハバーボート。空中に浮くスケードボードです。そもそもスケードボードが今の時代には流行っていないのが誤算だったのかもしれませんが、空中に浮くというのはやはり技術的な問題が大きかったのかもしれません。リニアモーターカーでも磁石の反発使っているので、何もないところで浮くのは理論的に厳しいのでしょうか?

 

というわけで行ってみたい時代なのですが、圧倒的に未来ですね。過去はすでに歴史でわかっている部分が多いので(近い過去ね。)行ってみても仕方がないといえば仕方がないと思います。ただ、過去に行ってみたいという人の思いであるのが、未来を知っている人が過去に行くという一点ではないでしょうか?ギャンブルとか覚えていれば絶対勝てますからね。

未来はまだ知らないものがある!というそれだけで行ってみる価値があると思います。時代的には今から100年後と1000年後、でしょうか?

今から100年前だと明治時代。1000年前だと平安時代。その頃の文化と今が大きく変わっているかといえば変わっているので、未来についても大きく変わっていることを期待して、まだ知らない世界を見るという楽しみがありそうです。