に投稿

El Capitanで地雷を踏む

Pocket

最初、イーエルキャプテンと間違っていました。エルキャピタンです。ヨセミテ公園にある一枚板とか。。

エル・キャピタン (ヨセミテ) – Wikipedia

 

9・30に出たそうで、早速入れてみることにしました。これがそもそもの間違いだったのですが。。

MacBookAir2013とMacBookPro 13 2015の2台持っているのですが、一気にやってしまうという暴挙。インストール自体は、AppleStoreからダウンロードボタンをポチッと押すだけで小一時間ほどで終了。あっという間です。簡単になったものだとちょっと感激。

早速気づいた点は、日本語入力にライブ変換がついたこと。これが以外と便利に見えて使いづらい。確定するまでに今までだと一回押せばよかったものを、何回か押さないといつまでたっても確定しない。どうやら後変換のために確定させていないような感じです。あと入力途中に、カタカナになるのもちょっと違和感。

ということでせっかくの新機能ですが、速攻で無効にしました。やはり入力は慣れた方法がいいですから。

それ以外の目立った特徴はさっぱりわからず。。

 

一番の影響は、バッテリーの持ちが極端に悪くなったこと。

MacBookAir、以前はバッテリーだけで使っても5時間程度で40%の残量だったのですが、アップデートした後はなんと2時間も使えばほぼ0%になってしまうという、バッテリーの大食い!

どうやらChromeを多用するとバッテリーをかなり消費するとのことなのですが、Safariじゃ使いづらいしやはりChromeがいいんですけどね。。

 

もう一つの大きな影響は、Outlook2011が使えなくなったこと。Exchangeサーバにデータを取りに行った地点で固まる。。。

https://support.microsoft.com/en-us/kb/3098396

microsoftでも認識しているそうです。。。

 

やはり初物は飛びついてはいけません。今まで使っていたものが全く使えなくなる可能性大。新機能自体はそれほどまだ堪能していないので、全くの失敗だったかもしれません