に投稿

去年はバイクで関東ー四国間を帰省

Pocket

今週のお題「ふるさと・夏」

夏となれば、やはり帰省、墓参り、この辺りの行事をこなさないといけない気がします。といいつつ毎年は全く行えていないのが現状。関東から四国だと遠いし、お金もかかるし、暑いし。。

去年の夏は、バイクで関東から四国まで帰省してみました。帰省ついでに、行ったことのない日本海側へも行ってみることに。

まず、朝、それほど早起きもできなかったので、とりあえず琵琶湖を目指してバイクをかり出しました。去年も今年と同じく、猛暑。バイクの場合には安全性の面からTシャツ、短パンという訳にもいかず、フルメッシュのジャケットとメッシュの革パンという装備です。ヘルメットはもちろんフルフェイス。。走っているうちはまだ我慢できるくらいですが、止まると汗だくだく。琵琶湖に着く頃にはぐったり。初めて琵琶湖周遊を走ってみたのですが、これが大きいのなんの。びっくりするくらい遠かったです。六ツ矢崎浜オートキャンプ場というところでキャンプすることにしたのですが、ここは周りにはなにもない感じで、シャワーすらありません。仕方ないので、水シャワーがあったのでこちらでがまんがまん。

琵琶湖でキャンプで過ごした後、天橋立鳥取砂丘出雲大社と順々に巡っていくのですがこれがまる1日かかるくらい遠いということは全く知りませんでした。高速道路がないのもかなり大変ですね。出雲大社はさすがに観光地らしく、観光バスが大量に押し寄せていました。でお参りをした後には、ネットで探した夢の森うさぎキャンプ場へ。こちらはオートキャンプ場ということもありバイク向きではなかったですが、シャワーも洗濯機も完備。まあそこそこでした。

出雲から四国までいくのですが、瀬戸大橋を通るのでは味わいがありませんので、宇野港から四国フェリーで渡ります。バイクは当然のように自分一人。1時間の船旅ですが昔は橋がなかったのでフェリーは必需品でした。

四国の実家についた後は、四国一周しようと思ったのですが、去年の夏は四万十で史上最高気温を記録したくらいの猛暑。残念ながら断念し、家でゴロゴロして過ごしたのでした。