投稿日:

喫煙者に優しすぎるこの国

喫煙率が初めて20%を割ったそうです。健康志向の影響だとか。男性が30%、女性が10%の合計20%。といっても成人人口に対する比率でしょうから、実際の人口比率に直してみます。

人口統計データは政府の統計局、estatからダウンロードできます。

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2013np/

こちらのExcelをダウンロードし、総人口の項目を使用します

男総数 61909千人、内20歳以上50417千人

女総数 65388千人、内20歳以上54444千人

これらにそれぞれ、30%と10%を掛けるとタバコ人口が出ます。

男タバコ人口 15125千人

女タバコ人口 5444千人

合計20569千人 対人口比 16%

という結果になります。

 

ここで、ちょっと町中を考えてみますと、飲食店は分煙と言いつつ必ず喫煙スペースがあります。ひどいところでは半分が喫煙テーブル。これは人口に対する喫煙人口比でいうと多すぎます。公共の乗り物類は最近ほぼ禁煙となりつつあるので、喫煙者には多少きついかもしれませんが、喫煙スペースなる物があるせいで、実際には禁煙車両にもその害が及ぶ恐れがあります。

あと、ギャンブル関連。これは完全に喫煙天国。禁煙のものなんぞ聞いたことがありません。ギャンブルとタバコは切っても切れないのでしょうか?

どちらにせよ、喫煙者はかなりの少数派。なのに、いかなる場所にも喫煙スペースを設けるなど、これほど気遣いをするのはちょっと考えてみてもやり過ぎかと思います。

行政からすればタバコ税が入ればいいということかもしれませんが、その分、健康被害も出るわけで、トータルすればあまり儲かっていないのかもしれません。

 

何より臭いのでさっさとタバコはなくなる方向に行けばいいと思います。と、昔煙草を吸っていた自分が言うのもなんですが。。

 

投稿日:

ドコモ携帯補償お届けサービスでの話

先日、約1年半ほど使っていた、ドコモのスマホT-02Dのボタンがとれてしまったので、ドコモのケイタイ補償お届けサービスを利用してみました。最近どうやらネットからも申し込めるようになったみたいですが、とりあえず電話で。

昼過ぎに電話したのですが特に待たされることなくつながりました。電話にて症状を伝えて、補償サービスを使う旨を告げると、在庫がないとの返事。。意外と気に入っていたのでちょっと残念。

そこで、代替品を提案されたのですがこれが何ということか、同時期のWithシリーズとギャラクシーの系4台を提案してきました。型番だけ言われたのでいったん電話を切り確認すると実はこの4台。。自分使っていたのNextシリーズで防水、おサイフケータイワンセグ指紋認証のフルフルのガラスマ何ですけど。なんでグレードダウン?

ちょっと納得いかないので再度電話。それぞれの旨を伝えると、NEXTならいいのですか?ということでみつくもらってみることに。

今度は同時期のNext2台。やればできるじゃないの。

ということでほぼ兄弟機のF10Dに交換してもらうことに。注文すると、次の日には到着しました。

 

というか、なんで在庫がないのはドコモのせいなのに、グレードの低い機械や、そもそも防水でないような、現在の機種より劣る物を進めてくるのか理解できません。文句を言わずにそのまま、グレードを下げられる人もいるのでしょう。逆わらしべ長者みたいでちょっと。。。

 

という訳で、納得がいかない場合には文句をきちっと言うことも必要です。

投稿日:

2chというすばらしき仲間たち

バイクに乗るようになってずっと住み着いている2chのスレがあります。同級生のバイク乗りのスレ。ここには同じ学年の人たちがバイクについて書き込んだり、その他の話題について書き込んだり、ほのぼのとした感じになっています。

そのスレで、年に1回オフ会をやることになっています。始まりは3年前、とある人が突然、オフ会をやろう。という書き込みから始まりました。その年はなんだか盛り上がって、30名ほど集まるというすごいことに。発起人の方がオリジナルステッカーを創って配るというすごい力の入れよう。

同い年の人が集まると、なんかいい感じの話題になりますね。育った世代が同じなので話題が合います。バイク乗りの集まりらしく、バイクの話題がつきません。集まった場所が霧ヶ峰ということもあり、関東、名古屋圏、その他2,300km圏内から集まる集まる。普段名古屋圏の人に会うことはないので非常に新鮮です。

というかたちで始まったオフ会ですが、今年で3回目。去年はそれほど募集をしていなかったこともあり、5名でしたが、今年は初参加の方も含めて8名。

来年もまた会おうということで2時間ほどの集まりの後に解散したのでした。

バイク乗りの集まりって、なんだか共通の話題はバイクだけですが、すぐに打ち解けることができます。何てすばらしいのでしょうか。

 

来年も是非是非。。

投稿日:

夏のアイテムと言えばキャンプ用品でしょう

今週のお題「夏アイテム」

夏!と言えば、そう、バイクですね。北海道をバイクで颯爽と駆け抜ける様が目に浮かんできます。特に北海道や、志賀高原などの涼しい地域を走るのはこの上ない快感です。バイクに乗らない人にはちっとわからない感覚かも知れません。

夏になると、長期休暇をとり、バイクで「旅」に出るのが最近の夏休みの過ごし方となっています。バイク乗りは旅といってもリッチにホテルを渡り歩くような旅ではなく、テントとシュラフを荷台に括り付けて、まさしく「旅」というような旅行をするのが上級者の証。

この年になって、大地の上に直接寝ることがあるなんて想像もしていませんでしたが、山の中のキャンプ場で、虫の音を聞きながらお酒をちびりちびり。そのままぐっすり寝てしまうのが最高の贅沢ということに気づいてきました。

その際に役に立つというか、絶対必要なのがこれ。キャンプ用品です。

最低限は、テント、シュラフ、ランタンあたりがあれば何とかなるのですが、上級者ともなれば、ガスストーブ(冬のあれじゃないよ)、サバイバルナイフ、まな板、などなどいろいろ用意しておき、その土地の名産品を買い込んで、焼きながらお酒とともに夕食をいただく、という楽しみ型が主流となってきます。

キャンプをしていると、たまに、同じバイク同士の人たちと、何となくご一緒する、という連帯感もバイク乗りならではないでしょうか。名前も知らない人と、同じ網の上に乗っかった物をつつきながら、酒を酌み交わし、次の日にはさようならだけでお分かれするのなんて、なんかすてきじゃないですか。

ということで、夏の必需品は絶対キャンプ用品です。あ、バイクもね

 

投稿日:

宝くじの季節

季節恒例のジャンボ宝くじのシーズンがやってきました。ご多分に漏れず毎回参加させていただいております。といっても10枚や20枚程度しか買いませんが。

 

買い方なのですが、宝くじ売り場で買うのが主流かと思いますが、最近ではみずほ銀行の口座があればネットでジャンボ宝くじを購入することができます。みずほダイレクトにログインし左の方にあるボタンから宝くじ購入。ぽちぽちと数回押せば購入完了。ただし、売り場で買うのと異なり、宝くじの実物はもらうことができないということと、あたったら口座に振り込まれる点が違います。あと購入証明はがき?なる物の送料54円が徴収される点もネット購入ならではかと思います。

 

実際自分で当たり外れを調べるのが宝くじの醍醐味かと思いますが、面倒なことと、必ずあたる300円を交換し忘れの防止がメリットかと思います。

どうせ高額当選した場合には、そのまま銀行で口座振り込みになるのでしょうから。。

 

まあ、宝くじ歴も10年以上と長いのですが、最高にあたったのでも1万円くらいだったかと思います。そもそも1等の組と同じ宝くじを持ったことすらありません。

 

まあ宝くじはギャンブルの中でも一番割が悪い(期待値が低い)ので、夢を買うという言葉がすごく当てはまる、一種のお祭りみたいな物だと理解しておけば、そこそこ楽しめたりします。

投稿日:

徹夜組

年を取ると徹夜の仕事はちょっときつくなってきます。年に数回ですが徹夜をしないと行けない案件があったりします。

その一つが証券取引所の制度変更対応。こちらもだいたい毎年何らかのシステム変更があり、これに合わせた修正リリースなんかをやる必要があったりします。この制度変更ですが、今回は、株価が小数表示になったという点。

株をやらない人には何のことかよくわからないかと思いますが、株を売買する際には、株価×最低取引単位の金額で株を売買することになります。この最低取引単位が最近では100株単位になってきています。一部はまだ1000株単位だったりするのですが、これだと700円の株の場合には1000株をかけると、最低でも70万かかることになります。これだと株を売買する人の裾野が広がらないので取引所は積極的に100株単位になるように指導していたりします。

で、今回のシステム修正ですが、例えば10円の株だとすると最低単位が1円のため、株価が一単位動くとすると10%も動くことになってしまいます。1円の株だと一つ上にあがるだけでもう倍になる、ということで低位株(株価が低い株)ほど株価が動きづらくなってしまっているので、これを修正する意味でも0.1円単位になることには意味があります。

今回は1000円以下は0.1円刻み、1000円から5000円は0.5円刻みということになりました。とは言っても全部の株ではなく、平たく言えば、まあよく売買されている100銘柄が対象です。

 

この修正は実は結構大変だったりする場合があり、どういう場合かというと、今まで整数型で持っていたデータを、小数型に変更する、ということになります。プログラムで言えばInt型をDouble型に修正していったりするので、浮動小数点計算の計算誤差などを考慮していく必要があります。

 

まあこういう修正をガリガリ行い、テストを飽きるほどやってあげた後に、真夜中のだーれも株なんぞみていない時間帯にこっそり修正リリースするので、徹夜が必要という事態になったりします。

 

まあ、学生の頃は徹夜麻雀など屁でもなかったのですけどね。。

 

投稿日:

アイドル論

今更ながらというか、いい年になってアイドルにちょっとはまり気味になっています。

アイドルというと女の子がテレビなどで歌ったり踊ったり、そんなイメージかと思います。アイドルたちをずーっとみていると2種類あるんだなと気づきました。

まずはおニャン子クラブ型。チーム内の人間がどんどん入れかわっていき、個人よりもチームを売るパターン。モーニング娘。やAKBあたりがこれになるのでしょうか?要はチーム内の個人の人気に頼りつつ、その個人の人気が落ちる頃には次の世代にバトンタッチという感じでしょうか?

もう一つはキャンディーズ型。チーム内のメンバーの入れ替えはほとんどなくメンバーの人気がなくなれば解散。人気がなくなる前に解散するのがこつでしょうか?

 

まあどちらにせよ人気があるうちが華。

 

好きなアイドルには長ーくいてもらいたいものです

投稿日:

山でしょう。

今週のお題「海か? 山か?」

 

子供の頃や若い頃ならば断然海が良かったのですが、年を取ると日に焼けるのも何なので山方面に軍配が上がります。

といっても山に登る訳でもなく(ある意味登るのですが。。)、バイクで駆け上がったりすることになります。

 

山と言えば富士山ですが、富士山方面は既にマイカー規制が入っているのでバイクで上ることができません。9月にならないと解禁になりませんので。。

富士がだめならやはり、志賀高原ビーナスライン。この辺りがバイクのメッカとなります。さすがに関東からは志賀高原は遠いのでビーナスライン。ちょうど圏央道が開通したので神奈川からはますます近くなりました。といっても、お金がもったいないので、朝早く出かけて、下道で向かったりします。朝4時に出て、休みながらで、9時くらいには霧の駅に到着できます。

 

ビーナスに入ると美ヶ原美術館までのコースは快適快適。涼しいのなんのって。下界が30度くらいあっても山の上は20数度。気持ちいいー!!!

志賀高原もおすすめなのですが、いかんせん天候がかわりやすく、場合によっては全く景色が見えなくなったりします。あとかえってくるのが遠い。。

 

という訳で今年もビーナス。いってきます。

 

投稿日:

数学ガール

結城さんの本、数学ガール。図書館で借りてきて読んでみました。

結城さんと言えば言わずと知れた、プログラミング関連の書籍を多数出版されている有名な方です。プログラム以外の本も書いていたのはびっくりでしたがその内容もすごくわかりやすく書かれています。

内容自体は代数が中心ですが、数学でも代数というか数式が一番難しいというのは受験生であればある程度常識。数学者も代数の問題を作成して解くというのが多いのでしょうか?

離散と連続関数、これを相互に扱うというあたりがかなり面白いです。離散と言えばコンピュータの世界。うまく置き換えることにより数式もコンピュータで解けるようになりますのでこの辺りの変換を理解するのは非常に大事なのではないでしょうか?

 

という自分もさっぱり数式周りはわかっていなかったということがよーくわかりました。この本は数学1、2あたりのないようだと思うので文系の人でも範疇内だとは思うのですが、かなり難しいです。東大の問題くらいのレベルでしょうか?

ただ、力技で解くというよりはひらめきを大事にするような解き方が多く、読んでいても楽しめます。

 

あと青春の一ページのようなストーリー展開もいい感じですね。

投稿日:

バイクに乗るという生き方

今週のお題「選んでよかったもの」

 

そもそもバイクの免許を取ったのは学生の頃。ちょうどバイクブームで誰も彼もバイクの免許を取っていた時代。ご多分に漏れず、自動車の免許を取った後にバイクの免許を取得しました。

その当時はお金もなかったのですが、ひょんなことから50ccのギア付きのバイク、TDR50だったかを手に入れて、多少乗ったりしていました。それも長くは続かずすっかりバイクからは遠ざかっていました。

2007年のゴールデンウィークのこと、春スキーに行った志賀高原?でバイク乗りの老夫婦を見かけました。ハーレーにタンデムで乗っていたのでしょうか?非常に印象に残りました。

その光景が忘れられず、善は急げということで大型免許を取得しに教習所まで通うことに。最初はエンジンのかけ方すら忘れていたのですが、だんだんと勘を取り戻してきました。あまりにも面白いので、大型とる前にCB400を購入。教習所にバイクで通うくらいはまってしまいました。大型免許は結局、数時間オーバ&卒検2回目で合格。1回目はパイロンに引っ掛けちゃったのですよねぇ。。残念。

 

それからXJ1300とXJ6へと乗り継いで今に至ってます。1昨年と去年は北海道をバイクでまわったりするようにまで成長!ちゃんとご多分に漏れずキャンプまで行うくらいはまってしまいました。

今年の夏はどこいこうかねぇ